合気道

6年生卒業

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

うちの道場には、子供ばっかり24人もいるのですが、そのうち3人が6年生。その3人が稽古最終日を迎えました。ホントいい3人でした。真面目で、技の覚えも早くて、楽しんで稽古していました。男の子二人と、女の子一人。男の子二人は武器技クラスにも熱心に通い、31の素振りをちゃんと覚えました。女の子はセンス抜群。よく技を見ています。ホント手放すのが惜しい(笑)

稽古の最後にみんなの前で技を披露してもらいます。私が受けを取って、時には大きく受身を取ります。6年生は楽しそうに私を投げてくれます。その様を親御さんが写真や動画で撮影します。この3人は6年生になり、袴を履いて、皆を前にして私の技を受けるようになって、急に上達しました。置かれた状況が人を育てるんですね。技を受けていて、その上達ぶりがよくわかりました。

私と稽古した数年間は、間違いなく記憶に残ります。技は身体が覚えています。いずれ一生に一度あるかないかの危険な状況で、その身を助けてくれるでしょう。そうでなくても「合気道」や「合気道部」という文字を目にした時に、道場で稽古した日々が思い出されるはずです。もしかしたら、大きくなってまた道場に立ってくれるかもしれない。これが「合気道のタネを撒く」ということなんです。

6年生3人が去ってしまうのは何とも残念ではありますが、新しく入ってくる子もいます。幼稚園が4人。しかもほとんどが年中(笑)。最初は怯えるような目で私を見ていた子も「たかいたか~い」をしてあげたら大喜び。帯の後ろにタオルを挟んで「しっぽを取ってみて~」と言って逃げ回れば、キャーキャー言いながら追いかけてきます。

このような形で子供達の成長と関われる。私はホント幸せものなんです。

では~

 

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 24人という大所帯だった道場の子供クラスも、卒業や退会で14人になった。この14人で新しい年度のスタートである。 私が教えて …

no image

竹林はるか遠く

ヨーコ・カワシマ・ワトキンズさんの「竹林はるか遠く」この本が出ると、都合の悪い人達がいるらしい。という事は、この本には「不都合な真実」が描かれているという事。読みましょう。買って読みましょう。ちなみに …

no image

学生も学生だが、師匠も師匠だな

仙台の鈴木@道場長です。 だいぶ前の話ですが、あるパーティに出席するため、師匠と二人で出かけたんですね。参加者が1000人近くいて、ものすごい混み具合で、でもホントにいいパーティでした。 一つだけ残念 …

no image

まだ飛んだり跳ねたりの稽古を続けますか?

仙台の鈴木@道場長です。 合気道の技の中で「精妙だな~」と思うのは、何といっても三教です。三教は相手の手首や指先を取り、一瞬で無力化する技です。一旦手首や指先を取られたら、ほとんど抵抗できないまま、最 …

no image

合気道と「試合」

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には試合はありません。試合にはどうしても「ルール」という限定されたシチュエーションが必要になりますが、実際は1対多数で、急所の攻撃や武器による攻撃もあるし、体重差もある …