合気道

6年生卒業

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

うちの道場には、子供ばっかり24人もいるのですが、そのうち3人が6年生。その3人が稽古最終日を迎えました。ホントいい3人でした。真面目で、技の覚えも早くて、楽しんで稽古していました。男の子二人と、女の子一人。男の子二人は武器技クラスにも熱心に通い、31の素振りをちゃんと覚えました。女の子はセンス抜群。よく技を見ています。ホント手放すのが惜しい(笑)

稽古の最後にみんなの前で技を披露してもらいます。私が受けを取って、時には大きく受身を取ります。6年生は楽しそうに私を投げてくれます。その様を親御さんが写真や動画で撮影します。この3人は6年生になり、袴を履いて、皆を前にして私の技を受けるようになって、急に上達しました。置かれた状況が人を育てるんですね。技を受けていて、その上達ぶりがよくわかりました。

私と稽古した数年間は、間違いなく記憶に残ります。技は身体が覚えています。いずれ一生に一度あるかないかの危険な状況で、その身を助けてくれるでしょう。そうでなくても「合気道」や「合気道部」という文字を目にした時に、道場で稽古した日々が思い出されるはずです。もしかしたら、大きくなってまた道場に立ってくれるかもしれない。これが「合気道のタネを撒く」ということなんです。

6年生3人が去ってしまうのは何とも残念ではありますが、新しく入ってくる子もいます。幼稚園が4人。しかもほとんどが年中(笑)。最初は怯えるような目で私を見ていた子も「たかいたか~い」をしてあげたら大喜び。帯の後ろにタオルを挟んで「しっぽを取ってみて~」と言って逃げ回れば、キャーキャー言いながら追いかけてきます。

このような形で子供達の成長と関われる。私はホント幸せものなんです。

では~

 

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

ドヤ顔で値引き自慢

新車を購入する時に、ディーラーの営業担当者との間で行われる「値引き」という名の交渉。私は「値引き」を要求する人は「現金一括購入」をするものだとばかり思っていたのだが、実際は「値引いた金額でローンを組む …

no image

大丈夫、大丈夫。 その1

事務所の神棚。 うちの事務所の構造的な問題があり、北側の壁には神棚が設置できない。北側は全面ガラス張りなのだ。 なのでこれまで西側の壁に設置していたのだが、そこは

no image

ごしゃぐ

仙台の鈴木@道場長です。 昨日は仙台市内で合気道関係者の集まりがあったのですが、久々にごしゃぎました。「ごしゃぐ」とは東北弁で「怒る」とか「怒鳴る」という意味です。ごしゃいだのは会議の席ではなく、地元 …

no image

組織を生き生きとしたものに活性化する

これは2012年にAmebloに投稿した記事をリライトしたものです。     組織を生き生きとしたものに活性化する。 連盟は常に充実したそして正しい稽古につながるものでなければなら …

no image

もうちょっと考えてよ

仙台の鈴木@道場長です。 合気道の様々なイベントによく参加するんですが、いつも不満に思うことがあるんです。横一列や二列で並んで礼をするんですが、その仕切りをしている人が「もうちょっと考えて!真ん中はこ …