合気道

大丈夫、大丈夫。 その4

投稿日:

やがて神主さんが登場し、太鼓が打ち鳴らされ、ご祈祷が始まる。

一人一人、住所と名前を読み上げられる。

私の名前が一番最初に読み上げられる。一番最初に申し込んだわけでもないのだが、これだけ人がいて、私が最初というのも偶然。

やがて全員の名前が読み上げられ、最後に代表者による玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われるのだが、

「それでは、参拝者代表は、仙台市宮城野区中野にあります鈴木ボデー工業所様にお願いします」

と言われ「お、俺?俺なの???」と驚く。

もちろん内心の動揺は一切見せずに、御神前に進み、淡々と玉串を捧げ、二礼二拍手一礼を行う。

普段道場でやっている通りの作法である。

あれだけ参拝者がいて、何故私の会社が一番最初に読み上げられたのか?なぜ私が参拝者代表だったのか。

作業着姿の私ではなく、着飾った参拝者の中から選んでもよかったであろうに。

だが、そこに「お導き」のようなものを感じるのである。

塩釜神社には、一年に何度も参拝に出かけている。
毎年のように、塩釜みなと祭のお手伝いをしている。

神棚を新しくしようと決断したら、
急に仕事が増えて必要な費用を賄うことができた。

そう考えると、偶然ではなく必然だったのではないのか。

もし神様の声が聞こえるならば、
それは「大丈夫、大丈夫。」なのではないかと。

私の尊敬するスピリチュアリストからも
「道場長さんは大丈夫よ」という言葉を何度もいただいている。

大丈夫、大丈夫。

私とその周囲の方々には、素晴らしい未来が待っているだろう。

・・・おわり。

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

合気道は何のため?誰のため?

合気道って何のためにやるの? 合気道って誰のためにやるの? 稽古していて自分が魂の喜びを覚えないなら、やはりそれは何かが間違ってるのね。 師匠の顔色を伺いながら稽古してない? 師匠に喜んで貰うために稽 …

no image

汗をかく稽古、恥をかく稽古

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。 稽古には、 汗をかく稽古と、 恥をかく稽古がある。 汗をかく稽古は必要ではあるけれども、 それより大事なのは恥をかく稽古で …

no image

ごしゃぐ

仙台の鈴木@道場長です。 昨日は仙台市内で合気道関係者の集まりがあったのですが、久々にごしゃぎました。「ごしゃぐ」とは東北弁で「怒る」とか「怒鳴る」という意味です。ごしゃいだのは会議の席ではなく、地元 …

no image

大丈夫、大丈夫。 その2

・・・つづき。 新しい神棚を設置するにあたり、方角にはちょっと悩んだ。

no image

ガリヒョロからの脱却 その1

  ※これは2015年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 ※当時と今では、技も見解も違っています。   タイヤ作業で腰に疲労がたまっていた。 そしてついに「腰 …