合気道

意識高い系のクソ生意気な弟子が育ってしまう理由

投稿日:

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。

なるほど。

意識高い系(笑)の師匠の下には、
意識高い系(笑)の弟子が集まるんだな。

「類は友を呼ぶ」って奴だ。

それはいいけど、ひとつ問題があって、
そういう師匠の下で育った弟子というのは、
他の道場から見ると「クソ生意気」なんだよね。

実力もないのにクソ生意気で、
その意識の高さ(笑)を他道場でも見せつけようとするから、
嫌われて、イジワルされて、痛い思いや恥ずかしい思いをするんだよね。

でもそれって、「自分が出したものを受け取っているだけ」なんだけどね・・・。

そういう弟子は結局、痛い思いや恥をかくことを恐れるから、
自分の技が通用する所にしか行きたがらない。

これが『意識高い系なのに外に出たがらない弟子が育つ理由』です(笑)

積極的に外に出ようとしない弟子。
他道場の人と組もうとしない弟子。
痛い思いや恥を恐れる弟子。

それは師匠であるアナタの問題なのかもね。

-合気道
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

ごしゃぐ

仙台の鈴木@道場長です。 昨日は仙台市内で合気道関係者の集まりがあったのですが、久々にごしゃぎました。「ごしゃぐ」とは東北弁で「怒る」とか「怒鳴る」という意味です。ごしゃいだのは会議の席ではなく、地元 …

no image

ゴツッ!と当て身

仙台の鈴木@道場長です。 稽古相手が非力な女性の場合に限りますが、私はあえて当身を入れさせる事があります。当身は「ペチン」ではダメなんです。「ゴツッ!」と入れないと。ですが女性は拳を相手に当てるという …

no image

演「舞」の練習

仙台の鈴木@道場長です。 私は岩間の斎藤仁平先生に「演武の練習をするバカがあるか!」と一喝された事があります。仙台市武道館で行われた斎藤仁平先生の、あの時の演武は本当に素晴らしい演武でした。受けを務め …

no image

人生は借金を返し続ける旅

仙台の鈴木@道場長です。 信じられないかも知れませんが、私にも若い頃があったんです(笑)。小学校、中学校、高校の記憶はあまりなくて、大学生あたりからよく記憶しています。そういう意味では物心ついたのが大 …

no image

生き残ったら勝ち

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 「合気道で蹴りが来たらどうするんですか?」 「相手がボクサーだったらどうするんですか?」 「大人数で攻めてこられたらどうする …

ブログ内検索