合気道

草?もはや草?

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

合気道に限らず、武道に取り組む方々は、様々な動機で武道に取り組んでおられると思います。合気道の場合「和合」とか「愛」という言葉が稽古の中で登場するし、試合をすることもありませんから、勝ち負けを決したり争ったりせず、和気あいあいという雰囲気の中で稽古が行われる事が多いですね。

それはそれで合気道のいいところだとは思うのですが、せっかく開祖が「武道」として合気道を残してくれたのですから、武道という側面をもっと追求して欲しいと思うのです。例えば海外へ出かけて、言葉も何も通じないまま強盗に襲われる。そんな状態で「和合」だの「愛」だの言ってられるのかという事なんです。ぶん投げて、拳で殴って、後頭部から地面に叩きつける。そういう事ができなければ、自分の命が危ない。自分の命を守れなくて武道を学んでいると言えるのかという事なんです。

「そういう状況に陥らない事も大切だ」という意見もあろうかとは思いますが、そういう状況に陥った時にもそう言えるのかと。騙されて取り囲まれる事だってあるでしょうに。「私は相手を傷つけるために合気道を学んでいる訳ではない」という意見も同様ですね。その意見はすばらしいけれども、やはり殺されてしまっては意味がない。

肉食動物になれとは言いません。でも合気道を学ぶ人たちには草食動物な人が多いように感じます。いやむしろ、「草」という人すらいますよね。せめて「必要ならば牙を剥く草食動物」であってほしいと思います。

では~

↓読んだら草をやめて肉を食え↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

苦手な人ほど飛び込む

仙台の鈴木@道場長です。 日立に勤めていた頃、尊敬する上長から「鈴木はクソ度胸だけはあるからな」と言われた事があります。褒められたのかどうかがかな~り微妙ですが、たぶん褒められたんでしょうね。私の大学 …

no image

出稽古の効能

仙台の鈴木@道場長です。 出稽古はいい。どんどん出稽古しましょう。普段稽古している道場から一歩出て、他の道場で稽古する。これがいい勉強になるんです。

no image

岩間の故・斉藤守弘先生に守られた

実は私も、岩間の斉藤守弘先生の内弟子の一人。といっても、ショートステイばかりで、トータルで2ヶ月はいなかったと思う。でも岩間の空気に触れ、斉藤先生の腕を掴んだ一人である。そんな私が、柴田先生の所に稽古 …

no image

特別なことは何もしていない

仙台の鈴木@道場長です。 特別なことは何もしていないのですが、他道場の方と稽古すると、驚かれたり感心されたりする事が多々あります。私は習ってきた事、稽古してきた事をそのまま伝えているだけ。それに自分な …

no image

学生も学生だが、師匠も師匠だな

仙台の鈴木@道場長です。 だいぶ前の話ですが、あるパーティに出席するため、師匠と二人で出かけたんですね。参加者が1000人近くいて、ものすごい混み具合で、でもホントにいいパーティでした。 一つだけ残念 …