合気道

まだ飛んだり跳ねたりの稽古を続けますか?

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

合気道の技の中で「精妙だな~」と思うのは、何といっても三教です。三教は相手の手首や指先を取り、一瞬で無力化する技です。一旦手首や指先を取られたら、ほとんど抵抗できないまま、最後はうつ伏せに抑えられ、肩、肘、手首を決められます。

基本の三教は苛烈・激烈な技で、強い痛みでほとんど抵抗ができない状態になります。これが変化になると、一瞬で抵抗を奪われて、気がつけば制されている。その段階はまさに、力ではなく技。これは本や映像を見ただけではまず伝わらず、本物の先生から本物の技を受けるしかありません。

これは故斎藤守弘先生の、全日本最後の演武です。2001年(平成13年)の演武です。受けのトリスタンさんの身体が浮いてしまい、何の抵抗もできない状態にされている事をよく確認して下さい。この時斎藤先生はガンと戦っている最中で、足腰にも影響が出ているのが分かります。それでも相手の抵抗を一瞬にして奪っています。

 

もしお時間あるようでしたら、開祖に捧げた生涯:故齊藤守弘師範を偲ぶ(コロラド州デンバーにあります、合気道日本館の館長本間学先生のコラム)も併せてご覧下さい。

この映像を見て、まだ飛んだり跳ねたりの稽古を続けますか?せっかく合気道を学んでいるのに、深遠なる合気道の世界を学ばず終わっていいのですか?綺麗に受身を取って、それだけで満足ですか?合気道を学ぶのなら、本物の合気道に一度は触れてみたいと思いませんか?

多くの岩間の兄弟子たちもそうだと思いますが、私も斎藤先生を見てしまった。だから斎藤先生が残された開祖の技を、今後も追求し続けるでしょう。

もし体験してみたいという方がいれば、是非道場へお越し下さい。あなたが私と稽古したという事実を誰かに話す事はありません。深遠なる合気道の世界を、一緒に追求しましょう。

では~

↓読んだら三教↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

合気道家の「用心」

仙台の鈴木@道場長です。 私は常に用心していることがいくつかあります。例えば・・・ 「今ここで攻撃されたらどう対処するか」を常に考える。 相手が持っているもの(熱い飲み物が入ったカップ等)から目を離さ …

no image

出稽古の効能

仙台の鈴木@道場長です。 出稽古はいい。どんどん出稽古しましょう。普段稽古している道場から一歩出て、他の道場で稽古する。これがいい勉強になるんです。

no image

他の神様へのサービスが滞ってはいけない

仙台の鈴木@道場長です。 「お客様は神様です」なんて言葉がありますが、あれ、ウソですから。確かに、うちの商品やサービスを買ってくれて、お金を置いていってくれる人はありがたいですよ。私はそれで生活してい …

no image

少年の作文から得た気づき

  小さいころから私の道場に熱心に通っていた少年も、4月から中学生。中学生になっても合気道を続けたいと希望しており、一般クラスとして白帯からスタートし、部活との兼ね合いも考慮しつつ、継続して …

no image

見たら盗む

仙台の鈴木@道場長です。 私は見たら盗みます。こう書くと「ど、泥棒?」と思うかもしれませんが、私が盗むのは「技」です。塗装、鈑金、パンク修理、オーバホール、部品交換、けん引作業、カーナビ・ETC取付、 …