合気道

人生は借金を返し続ける旅

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

信じられないかも知れませんが、私にも若い頃があったんです(笑)。小学校、中学校、高校の記憶はあまりなくて、大学生あたりからよく記憶しています。そういう意味では物心ついたのが大学生と言えなくもないですね。

私は痛い大学生でした。何でもできる、不可能はないなんて本気で思っていましたから。で、学生時代に様々な失敗を繰り返し、怒られ、痛い思いをして、モヤモヤしたまま卒業し、凹んだまま故郷の仙台を後にしたんです。先生方、先輩方、同級生の方々、後輩の皆さんに色んな迷惑をかけてしまった4年間でした。

その4年間のモヤモヤすべてが「借金」となって私の中に残ったんです。

社会人になって、世の中の事が分かってくるようになると、その借金を何とか返済しようと考える訳です。だから色々世話を焼いたんですね。後輩に同じ失敗をさせたくない。いい思い出を沢山抱えて笑ったまま卒業してもらいたい。自分の借金を返すためですから、必死でした。他の人から見れば、後輩に対する「過干渉」に見えたでしょうね。

もう返済も終わって、過払い金がある位だと思います。それでも自分に縁のある人が困っているのを見ると、ついつい世話を焼いてしまいます。相手が負担に感じない程度にさりげなくできればいいんですが、なかなか難しいですね。特に学生時代に迷惑をかけてしまった人に対しては「何とかして借金を返そう」という思いが強く働くので、さりげなくというレベルを超えてしまうこともあるようです。

私に過剰に世話焼きをされていると思ったら、それは借金返済のためにやっていると思ってください。あなたのためではなく、自分のためにやっているのです。気が済めばスっと離れてまた「知り合い」に戻ります。後々金品を要求したり、恩を着せて何かを売りつけたりすることはありません。

借金を返し続ける旅はもうちょい続きそうです。

↓読んだら借金返済↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

「技術」ではなく「心」

仙台の鈴木@道場長です。 モノマネ歌手の青木隆治さん。みなさんもご存知の事と思います。美空ひばりさんの歌を完コピ(完全コピー)するという事で有名ですね。天才的な声や耳という持って生まれた才能に加えて、 …

no image

もうちょっと考えてよ

仙台の鈴木@道場長です。 合気道の様々なイベントによく参加するんですが、いつも不満に思うことがあるんです。横一列や二列で並んで礼をするんですが、その仕切りをしている人が「もうちょっと考えて!真ん中はこ …

no image

合気道に対する私の本心(ようやく言語化できた)

※この記事は、1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 あっ!そうか! 私の本心って 「合気道を広めたい」  ←じゃなくて 「合気道を続けて欲しい」←こっちだ! ようやく言語化で …

no image

心の声

仙台の鈴木@道場長です。 宗教団体を見ていていつも不思議に思うんだけど「お布施」という形でお金を払っているのは「信者」の方だよね?という事は「信者」は「お客さん」な訳です。会社の社長だったらお金を払っ …

no image

素振りの次の段階

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には杖31の素振りという型が残されています。大先生が演武される杖の素振りを、故斎藤守弘先生が31の型として分かりやすく教えたのが始まりで、今でも合気道の各道場では稽古の …