気づき

規約(笑)

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

小学生の頃の話。友達何人かで集まって「よーし、秘密結社作ろうぜ」となった訳です。今考えるとアホですね~。で、秘密基地(笑)で会議みたいなことやる訳です。議題はやっぱり「規約作ろうぜ」なんですね(笑)。秘密ですから、他の友達や親に言いふらされると困る訳です。でも言いふらしそうなメンバーが入っている訳ですから、そのメンバーを牽制する意味で「この秘密結社の存在は絶対他のやつに話さない。話したら罰金10万円」とか決める訳です(笑)あと「脱退するなら10万円を払うこと」なんて、縛り付ける規約を作る訳です。アホでしょ~(笑)

で、そんなアホが大きくなって、スポーツのチームを作ろうという事になって、やっぱり最初の会議で「まず規約だな」ってなる訳です(笑)。そのアホが社会人になって、会社の枠を超えた仲間でNPO法人を作ろうって事になって、やっぱり最初の会議で「規約を作りましょう」(笑)

宮城県の某市で「武道協議会を立ち上げよう」という機運が高まった時も、最初の会議から「規約が必要ですね」なんて事務屋さんが出張ってくる訳です。で、事務屋さんが音頭を取って「規約作り」のための会議が何度も開かれてたら、そのうち誰も来なくなって武道協議会そのものが立ち消え(笑)アホだね~

規約なんて決める必要あんのすか?事務屋さんがここぞとばかりに出張ってきて、個人を縛り付けるための規約を決めて、はみ出す奴は規約に則って処分する、と。やってることは小学生と同じじゃん。

分かるよ。大人の集まりともなれば、会費や公金が絡んでくるから、規約が必要になるよね。でもその規約を制定する動機って、結構不順じゃない?個人の自由な活動を妨げたり、個人を組織に縛り付けるためになってない?個人って組織維持のためにあるの???

私が「規約」を作る立場だとしたら「楽しくやれ」の一文で終わり。それだけでいいんですよ。楽しくないことはやらない。楽しいことはどんどんやる。それでいいんです。そう言えば道場を立ち上げたばかりの頃、「道場訓」という規約を作ったっけな~(笑)規約は二つだけ。「楽しく稽古して楽しく飲む」「鈴木のギャグには大笑いする」こんだけ(笑)私が如何に規約が嫌いか、よく分かるよね。

まぁ正確に言うと、規約そのものではなく、規約で縛り付けようとする人が嫌いなんだな。会費払って、縛り付けられて、それって面白くないじゃんという事。会社だったら給料の縛りがあるから多少は我慢するけど、結局それすら飛び出しちゃったからね~。

何にせよ、楽しくやろうよ。そんだけなんです。

では~

-気づき

執筆者:

関連記事

no image

家業を守るものの「心得」

※これは2014年に、Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。   家業を守るものは、以下を心がけること。 一、自分の仕事を誇り、子供たちには その素晴らしさを折に触れ伝えこと …

no image

アセンションって?

※これは2015年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。   会社を継いだばかりの頃は、どんな仕事も断らなかった。下げたくもない頭を下げてでも、仕事を確保した。その頃は、気 …

no image

覚悟とエネルギー

  「何かに逆らう」「何かに反発する」には、大きな覚悟とエネルギーが必要ですね。会社を退職する、組織を抜ける、親元を離れる、夫婦関係を解消する、色々あるとは思いますが、何かに逆らって自分を通 …

no image

息子へのプレゼント

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 「扇風機のコンセントが抜けない」 大学1年になる息子にそう言われ、どれどれと腰を上げる。 むむ?確かに抜けない。 ロックでもされ …

no image

素数を小学生に説明する

仙台の鈴木@道場長です。 素数を小学生に説明するにはどうしたらいいでしょうか。素数の定義は、Wikipediaによると「1と自分自身以外に正の約数を持たない自然数で、1 でない数のことである。」とあり …