合気道

できるだけ力を使わない

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

中野栄フリーマーケットも盛会裏に終了し、合気道演武も無事終了しました。子供達、一生懸命がんばってくれました。緊張の糸が切れたのか、演武を終えて舞台を降りたとたんに大泣きする子もいましたね。カ、カワエエ(笑)

最近気づいたのですが、昔ほど力を使わなくなりました。仕事でも、合気道でも、できるだけ力を使わずに同じ結果を出すようにしています。力ではなく頭を使うようにしたとでも言いましょうか。

力を使って体力勝負で仕事をすると「仕事した~」という気持ちになるかもしれませんが、同じ結果を出すならできるだけ力を使わない方がいいに決まっています。稽古は「いにしえを考える」という意味ですから、やはり使うのは頭なのでしょう。練習ともトレーニングとも違う「稽古」ですから。

中野栄フリーマーケットのバイトで、合気道部の学生を動員したのですが、力と体力を使って仕事しようとするんですね。なので何度も「力を使わないで~」と声をかけました。ちょっとした段差がある倉庫に、トラックの荷台に載っている板を収める仕事があったんです。最初は力で運んでいたのですが、数が多いとやんだぐなるので、頭を使ったんです。板の一端を重力の助けを借りてトラックから落とし、もう一端を垂直に立てもらう。それを私の方にそっと倒してもらえば、私はそれをキャッチして倉庫に投げ入れます。重力や倒れる勢いを上手に使うので、二人ともほとんど力を使いません。

板は何枚も何枚もありますが、「あと5枚で~す」「う~い」「あと4枚で~す」「う~い」と声がけしつつ、進捗状況を伝えつつ作業を進めます。やんだぐならないような工夫ですね。

で、最後の一枚を終えて、学生とハイタッチして互いの健闘を讃えあったんです。あれだけあった仕事をほとんど疲れることなく、楽しく終える事ができたんですね。いつの間にか時間も経っていて、学生は時給をもらって嬉しそうに帰って行きました。楽しくお仕事して、ほとんど疲れなくて、しかも時給をもらえる。なんていいバイトでしょう(笑)

できるだけ力を使わないで仕事。
できるだけ力を使わないで稽古。

オススメです。

 

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

道場で『ニンゲン観察・モニタリング』

※これは2015年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。   3週間に渡って道場の子供たちに「モニタリング」を仕掛けておいた。 題して  「英語しか話さない日本人に、 子供 …

気持ちのいい稽古をしたい

厳しくも、気持ちのいい稽古をしたい。ただそれだけなんです。合気道の道場なんだから、集まって楽しく稽古する。それ以外の何があるというのでしょうか。 門下生を道場長の言うことなら何でも「はい!」と聞く、従 …

no image

道場は道の駅

仙台の鈴木@道場長です。 道場長の仕事って何なのでしょうか?私は「門下生の稽古したいという気持ちに応える」これが仕事だと思っています。逆に「門下生の気持ちに応える」という事ができるならば、段位は関係な …

no image

演「舞」の練習

仙台の鈴木@道場長です。 私は岩間の斎藤仁平先生に「演武の練習をするバカがあるか!」と一喝された事があります。仙台市武道館で行われた斎藤仁平先生の、あの時の演武は本当に素晴らしい演武でした。受けを務め …

no image

自分の技が通用しない相手と組め

仙台の鈴木@道場長です。 ご存知のとおり、合気道には試合がありません。試合をすることで失われる事が多いというのがその理由ですが、試合がないことで「実力を勘違いする」という人が出てくるという弊害もありま …