気づき

「でも」「だって」「しかし」「そんなこと言ったって」をやめましょう

投稿日:2014年2月21日 更新日:

仙台の鈴木@道場長です。

身近に霊能者と呼ばれる方々が何人かおりました関係で、私はスピリチュアル系には全く抵抗がありません。

私自身は霊感が全くなく、スピリチュアルに「オカルト」や「不思議」を求めるというよりは「生き方」を求めています。なので「愛」「気」「オーラ」を語ることはありません。触れずに投げるなんて事もしません。霊感ゼロのお坊さんのような感じかもしれません。

「どうしたらいいんでしょう?」と相談される事があります。自分なりにその人の事を考えてアドバイスするのですが「でも」「だって」「しかし」「そんなこと言ったって」という言葉が返って来ます。その後に「できない理由」がこれでもかという程出てきます。

とりあえず「でも」「だって」「しかし」「そんなこと言ったって」をやめましょう。「できない理由」を述べている間は、問題が解決に向かう事はありませんので。

では~

 

-気づき
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

思いグセに気づく

仙台の鈴木@道場長です。本日は短めで。 自分の普段の思いグセに気づくかどうか。これが結構難しいですね。通路でもないところ、生垣の中や芝生の斜面などに「けもの道」と呼ばれる近道がよくできていますが、人間 …

no image

わげしたづ

仙台の鈴木@道場長です。 仙台弁はノンビリしていて、言葉が柔らかくて、好きですね。 標準語で「そう」は、仙台弁では「んだ」となります。これに「だっちゃ」が加わって「んだっちゃ~」とか、オッチャンは「ん …

no image

鈴木ボデー工業所の看板を下ろす事になりました

仙台の鈴木@道場長です。 鈴木ボデー工業所の看板を下ろす事になりました。 といっても倒産するのではなく、看板を取り替えるのです。Facebookつながりで、サンコー造型さんにお願いする事となりました。 …

no image

ニュートンの息子

※この記事は2016年にFaceBookに投稿した記事をリライトしたものです。   18歳になる息子。 この年代の男は、父親に逆らうことのひとつもする。 だがそれでいい。そうでないと逆におか …

no image

「さげまん」のメカニズム

仙台の鈴木@道場長です。 今回「さげまん」のメカニズムが分かりました。 「エウレカ!」と叫びながら全裸のまま風呂から飛び出して通りを走り回るレベルです(笑) ある地元商店会の知り合い。奥さんとの関係で …