気づき

洗脳を解くには その1

投稿日:2017年7月16日 更新日:

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

「洗脳」(マインドコントロール)されてしまった人を、どうやったら救い出せるだろうか?

洗脳は宗教やマルチでしばし使われ、その組織に人を縛り付けるために行われる。

宗教やマルチの門をくぐると大歓迎され、拍手と共に「肯定」のシャワーを浴びる。すると人はそこに自分の「居場所」を発見してしまう。普段から「自分の居場所」を持たない人はこれに安々とハマってしまう。

「いい大学を出た人がなぜあんな宗教に・・・?」としばし言われるが、理由は単純で「自分の居場所がそこにあった」からである。

一度宗教やマルチにハマと、地域社会から分断され、家族からも分断される。家族から「あんなところに行ってはダメ!」と組織を否定され、脱退を促されるからだ。

宗教やマルチでは徹底的に「疑問を持たないこと」が推奨される。疑問を持てば即座に否定され、疑問を持つことに罪悪感すら覚えるようになる。そこで「疑問を持たない」を選択すれば、即座に肯定のシャワーが降り注ぐ。

かくして洗脳は完了し、被害者は加害者となり、新たなターゲット獲得に向けて動き出す。

何というバッドループ・・・。

さてさて、ではどうやったら「洗脳」されてしまった人を救い出せるのだろうか?

説得や組織からの強引な分断は本人の反発を招き、むしろ脱退から遠のかせてしまう。「人を変えさせる」のは不可能と言っていい。

ではどうすればいいのだろうか?

その2に続きます。

-気づき
-, , , , , ,

執筆者:


関連記事

no image

「○○教信者獲得案件」とかありそう(笑)

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。   ついに宗教団体もネットで広告を出すようになったみたいですね。「○○教って何だろう」というバナー広告を時折見かけ …

no image

二代目から尊敬されずに悩む先代社長へ

  息子に会社を任せたけれど、息子が俺の事を無視してる。 先代社長の俺がアドバイスしても、右から左へと受け流される。 うん、面白くないですね。分かります。 金の卵と言われ、日本の高度経済成長 …

「男脳」と「女脳」

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。もちろん今は当時とは異なる意見を持っていますが、当時の分析やコメントのやりとりが面白いので掲載します。   夫婦の形 …

no image

お・に・く・は・や・す・かっ・た・ね!

※この記事は1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 ちょっと遠出して、利府のスーパーへ。 その帰り道の、車中での会話。 妻「あそこはね、お肉は安いんだけど、野菜が高いんだよね」 …

成績を上げる方法

※この記事は2015年にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。 成績を上げたいなら、まずこれ! 勉強してるけど成績があがらない 授業態度は真面目だけど点数に結びつかない 部活は一生懸 …

ブログ内検索