気づき

ニュートンの息子

投稿日:2017年1月8日 更新日:

※この記事は2016年にFaceBookに投稿した記事をリライトしたものです。

 

18歳になる息子。

この年代の男は、父親に逆らうことのひとつもする。
だがそれでいい。そうでないと逆におかしい。

では、私に逆らった息子に対して、
私は怒ったり、感情をあらわにしただろうか?

「何かいい事があったとするな。そしたらな、それと同じくらい、悪いことも起きるのよ。『正負』とか『陰陽』って言うんだけどな。だからな、先に『負』の先払いをするんだ。神社にお参りに行ったり、誰かにおすそ分けするのはな、そういう意味もあるんだ」

これに対する息子の反応がドライ。「やれやれ、またスピ系の話ですか。はいはい。」

コンニャロめ~(笑)

私はすかさずこう返した。

「ニュートンに息子がいたとしよう。ニュートンの息子は、ニュートンには逆らっても、万有引力の法則には逆らわなかったろ?」

「う、うん」と頷くしかない息子を見て、私は大笑い。

息子というものは、父親に逆らうことで、父親を試している。

それはピンポンのレシーブのようなもの。

上手に返せばラリーは続く。

 


 

SNS。

ミクシィ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ライン・・・。

ちょっと数えただけでも結構ありますよね。

これ、全部やってると時間がいくらあっても足りなくなります。

なので私は、情報発信はフェイスブックに絞り、たま~にツイッターでつぶやく程度にしています。

ブログは早くからアメブロを使っていましたが、自前のサーバーでブログを運用するようになってから更新を止めました。

今ではフェイスブックで過去に投稿した記事をリライトしてブログに投稿する、その程度の使い方になっています。

私の場合SNSの利用はパソコンがメインですが、スマホがメインの方はすぐに制限がかかってしまうのではないでしょうか?

データ量が多いインスタグラムやフェイスブックが使い放題で、電話もかけ放題で、スマホや電話番号を変えずにそのまま使える、そんなサービスがあるといいんですけどね。

 

LINEモバイル

 

-気づき
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

視線を遠くに

仙台の鈴木@道場長です。 いつの間にか近くばっかり見てしまいますが、遠くを見るという事も大事ですね。目の前にある問題にだけ対処するのではなく、いずれ発生しそうな問題に備えておく、とも言えますね。 例え …

no image

自転車屋さんの闇カルテル

※これは2011年にアメブロに投稿した記事をリライトしたものです。 自転車のペダルが空回り 学生時代のこと。 帰宅途中に自転車が壊れ、どうしても走らなくなったことがあった。どのギヤに入れても、ペダルが …

no image

他人の学びを邪魔してはならない

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。   自動車整備工場は今や「斜陽産業」と言われています。それでも、自動車整備でやっていくしかない人は、歯噛みしながら …

no image

あなたには価値がある

※これは2017年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 新しいビジネスの話を色んな人に聞いてもらっている。私だって人の子、やはり内心怖い。ビビってると言っていい。 ビジネスなので必 …

no image

子どもに勉強させたければ

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。   「勉強しろ!」と言えば子供が勉強するというのなら、私は何万回でも言っただろう。 でも実際は逆。「勉強しろ!」と …