合気道

誰も君の事を笑わない

投稿日:

工学部合気道部の稽古に参加。

彼らの昇級昇段の責任は私にある。昇級昇段に相応しい技を身につけているかどうかの見極めも兼ねた稽古である。

主将は私の息子と年齢が近く、しかも県工の後輩。

可愛くないはずがないんだよ。
だけど技に関しては絶対に妥協はできないんだよ。
工学部合気道部53年の歴史、そして
大先生、斎藤先生、柴田先生と受け継いできた合気道はそれだけ重いんだよ。

主将の技の途中で何度もダメ出し。目の前でやってみせ、直させる。

主将が後輩の目の前でダメ出しを喰らう。
カッコ悪いだろう。正直嫌だろう。
恨むなら恨め。オレは喜んで恨まれよう。

そして最後の技。私と主将で組む。

私は30代の主将。彼は53代の主将。
私は46歳の中年。彼は21歳の青年。

互いに技をかけあいながら、こんな言葉をかけた。

「人一倍痛い思いをして、人一倍恥をかくんだよ。
そうやって技を身につけて後輩に伝えていく。
それが主将の仕事なんだよ。その姿を見た部員は、
だれも君の事を笑わない。
君は主将の仕事をするんだ」

4年間の大学生活を「就職予備校」とせず、熱い稽古をして、
魂が震えるような経験を積んで社会に出てきて欲しい。

工学部合気道部に伝わる合気道には、それだけの力があると私は信じている。

-合気道
-, ,

執筆者:

関連記事

草?もはや草?

仙台の鈴木@道場長です。 合気道に限らず、武道に取り組む方々は、様々な動機で武道に取り組んでおられると思います。合気道の場合「和合」とか「愛」という言葉が稽古の中で登場するし、試合をすることもありませ …

no image

汗をかく稽古、恥をかく稽古

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。 稽古には、 汗をかく稽古と、 恥をかく稽古がある。 汗をかく稽古は必要ではあるけれども、 それより大事なのは恥をかく稽古で …

no image

他の神様へのサービスが滞ってはいけない

仙台の鈴木@道場長です。 「お客様は神様です」なんて言葉がありますが、あれ、ウソですから。確かに、うちの商品やサービスを買ってくれて、お金を置いていってくれる人はありがたいですよ。私はそれで生活してい …

no image

自分の技が通用しない相手と組め

仙台の鈴木@道場長です。 ご存知のとおり、合気道には試合がありません。試合をすることで失われる事が多いというのがその理由ですが、試合がないことで「実力を勘違いする」という人が出てくるという弊害もありま …

no image

柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30 5月28日(日) 10:00~11:30 場 所 大和市内の武道館 内 容 武器技/体術 申 込 件名に「柴田師範大和講習会参加希望」、 本文に「参加 …