合気道

合気道は何のため?誰のため?

投稿日:

合気道って何のためにやるの?
合気道って誰のためにやるの?

稽古していて自分が魂の喜びを覚えないなら、やはりそれは何かが間違ってるのね。

師匠の顔色を伺いながら稽古してない?
師匠に喜んで貰うために稽古してない?
他の誰かに自慢したくて稽古してない?

合気道って「他の誰かを喜ばせるため」にやるんじゃなくて、「自分を喜ばせるため」にやるの。

自分が喜びたいからやるの。

弟子がノビノビ~と、自由闊達に、人生楽しみながら稽古してくれたら、それが師匠の幸せなの。

師匠の顔色伺いながら稽古する弟子を見て、師匠が魂の喜びを覚えるの?それってどうよ(笑)

「師匠」と呼ばれる人にも言っておくよ。

「オレの技が絶対なんだ。それ以外の技は認めん」とか
「よその道場に行っちゃいけねぇ」な~んて言ってない?

ちっちゃい。ちっちゃいな~。
アナタちっちゃいよ。

いつの間にか「教祖様」になってない?
いつの間にか「監視員」になってない?
いつの間にか弟子を「洗脳」してない?

もしそうなっているのなら、本当に修行が必要なのは弟子じゃなくて、アナタだよ。

弟子の学びの機会を、師匠たるアナタが奪っちゃダメよ。

合気道をやってて、魂の喜びを覚えないという人は、遠慮なくこっちに来たらいい。

一緒に気持ちのいい稽古、魂の喜びを覚える稽古をしよう。

 

-合気道
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

なんとすばらしい一日

桜咲く頃のお話。東北大医学部の学生さん(親戚)がタイヤ交換で来社。タイヤ交換を待つ間、高3の息子を呼び寄せて、受験のアドバイスを1時間程もらう。今悩んでいる所、勉強のコツなど、アドバイスをもらう。息子 …

no image

ごしゃぐ

仙台の鈴木@道場長です。 昨日は仙台市内で合気道関係者の集まりがあったのですが、久々にごしゃぎました。「ごしゃぐ」とは東北弁で「怒る」とか「怒鳴る」という意味です。ごしゃいだのは会議の席ではなく、地元 …

no image

「合気道難民」を受け入れます

仙台の鈴木@道場長です。 様々な事情により、合気道ができなくなった、やりにくくなったという方がいらっしゃいます。指導料、人間関係、仕事、家庭、など、様々な事情で稽古ができなくなった。かつて世話になった …

no image

合気道に対する私の本心(ようやく言語化できた)

※この記事は、1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 あっ!そうか! 私の本心って 「合気道を広めたい」  ←じゃなくて 「合気道を続けて欲しい」←こっちだ! ようやく言語化で …

no image

合気道と「試合」

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には試合はありません。試合にはどうしても「ルール」という限定されたシチュエーションが必要になりますが、実際は1対多数で、急所の攻撃や武器による攻撃もあるし、体重差もある …