大丈夫♪ 大丈夫さ♪

(有)鈴木ボデー工業所公式ブログ

合気道

演「舞」の練習

投稿日:

仙台の鈴木@道場長です。

私は岩間の斎藤仁平先生に「演武の練習をするバカがあるか!」と一喝された事があります。仙台市武道館で行われた斎藤仁平先生の、あの時の演武は本当に素晴らしい演武でした。受けを務めた兄弟子はなすすべなく崩され、投げられ、決められていました。私は兄弟子の実力も知っているし、斎藤先生の技も知っていますから、それがどれだけ高度な演武だったかのは、傍で見ていてよく分かりました。とても真似できるものではなく、まばたきすら忘れて二人の演武を見ていました。

演武を終え、斎藤先生が戻ってくる時に思わず「素晴らしい演武でした!」と叫んでしまった程の演武でした。

その後の直会で、失礼ながら質問したんですね。「あの演武はいつ練習したんですか?」と。あれだけ高度な演武なのですから、当然受けの人と練習なり打ち合わせがあったのだと思っていたのです。斎藤先生は苦笑しながら「演武の練習をするバカがあるか!」と私を一喝したのです。斎藤先生は続けてこう言いました。「演武というものは、その時の実力が出るもんなんだ。失敗したら、それが実力なんだ」。

この言葉はガツンと心に響きました。それ以来私は、本番前に演武の練習をすることを一切止めました。受けの人が不安に思うので打ち合わせ位はしますが、実際に打ち合わせ通りに演武したことはあまりありません。本番で自然に出る技に任せています。頭で考えずに自然に出る技。それが自分の実力を表す「演武」なのだと思います。

演武会の前に、何度も何度も練習して本番に望む。それって「演武」ではなく「演舞」ですよね?「武道の技を見せる」ではなく「ダンスの発表会」ですよね?それって、本当にあなたが目指す合気道なの?自分から綺麗に飛んで、先生を引き立てているだけなんじゃないの?演舞を終えて引き上げるときにハイタッチする様なんか見てると、「大丈夫かな~」と本気で心配になってきます。疑問を感じた事なんかないんでしょうね。

では~

↓疑問を感じたらクリック↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

大丈夫、大丈夫。 その4

やがて神主さんが登場し、太鼓が打ち鳴らされ、ご祈祷が始まる。 一人一人、住所と名前を読み上げられる。 私の名前が一番最初に読み上げられる。一番最初に申し込んだわけでもないのだが、これだけ人がいて、私が …

no image

それって楽しいですか?

仙台の鈴木@道場長です。 私は組織とか規約が大嫌いで、そういうのからはみ出すタイプです。「組織だ規約だという前に『個人』だろ?」と思っちゃうんですね。だから、組織とか規約が大好きな人からはものすごい嫌 …

no image

特別なことは何もしていない

仙台の鈴木@道場長です。 特別なことは何もしていないのですが、他道場の方と稽古すると、驚かれたり感心されたりする事が多々あります。私は習ってきた事、稽古してきた事をそのまま伝えているだけ。それに自分な …

no image

大丈夫、大丈夫。 その3

・・・つづき。 新しい神棚には「御神入れ(ごしんいれ)」が必要になる。

no image

まだ飛んだり跳ねたりの稽古を続けますか?

仙台の鈴木@道場長です。 合気道の技の中で「精妙だな~」と思うのは、何といっても三教です。三教は相手の手首や指先を取り、一瞬で無力化する技です。一旦手首や指先を取られたら、ほとんど抵抗できないまま、最 …