合気道

その日の技をいつどのようにして決めるのか

投稿日:

仙台の合気道家鈴木@道場長です。

1時間の稽古で、その日の技をいつどのようにして指導者は決めるのでしょうか?他の道場長の方々がどうしているかは分かりませんが、私は事前に決めることはしていません。その日参加された方々にとって一番いい稽古をする、それだけです。

合気道の稽古は、開祖ご存命の頃から「体の変更」「両手取り呼吸法」で始まり、その日の技があり、最後に「坐り技呼吸法」で締めます。私の場合、最初の2つの技に門下生が取り組む様子を見て「あぁ、今日はこの技がいいかな」と何となく思い浮かぶんです。

その技は前提となる技がいくつかあって、前提となる技ができてからその技に取り組むと、理解が深まるんですね。山の山頂が頭に浮かび、そこに至る道筋が頭に浮かぶので、その順番で登ってもらう、そういうイメージですね。

私がイメージした通りに稽古が進むと、嬉しくなっちゃいます。門下生も楽しそうに稽古してくれますから、なおさらですね。こういう稽古がいい稽古であり、強い門下生が育つ稽古だと思います。

では~

↓読んだらクリック↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 24人という大所帯だった道場の子供クラスも、卒業や退会で14人になった。この14人で新しい年度のスタートである。 私が教えて …

no image

見たら盗む

仙台の鈴木@道場長です。 私は見たら盗みます。こう書くと「ど、泥棒?」と思うかもしれませんが、私が盗むのは「技」です。塗装、鈑金、パンク修理、オーバホール、部品交換、けん引作業、カーナビ・ETC取付、 …

no image

出稽古の効能

仙台の鈴木@道場長です。 出稽古はいい。どんどん出稽古しましょう。普段稽古している道場から一歩出て、他の道場で稽古する。これがいい勉強になるんです。

no image

苦手な人ほど飛び込む

仙台の鈴木@道場長です。 日立に勤めていた頃、尊敬する上長から「鈴木はクソ度胸だけはあるからな」と言われた事があります。褒められたのかどうかがかな~り微妙ですが、たぶん褒められたんでしょうね。私の大学 …

no image

生き残ったら勝ち

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 「合気道で蹴りが来たらどうするんですか?」 「相手がボクサーだったらどうするんですか?」 「大人数で攻めてこられたらどうする …