気づき

お金から逃げる=現実から逃げる

投稿日:2014年5月8日 更新日:

仙台の鈴木@道場長です。

最近ある集まりの総会に出席させてもらいました。行事や会計の決算・予算の報告が行われるのですが、事務局の不手際が多く、グダグダな総会となってしまいました。皆さんから集めた会費で運営している以上、それを正しく報告する必要があるんですが、それができてないんですね。会計知識の不足もあり、何人かの会員から厳しいツッコミを受けて、結局総会の仕切り直しとなってしまいました。

事務局の方を見ていて、私も似たような傾向があると気がついたのですが

□「俺はカネの事はよく分からん」

と開き直っちゃうんですね。その後に

□「でも仕事はちゃんとできてるからいいんだ」

と続くんです。

でもこれって実は、お金から逃げてるだけなんですね。でも

□組織を運営している以上、お金からはどうやっても逃げられない。
□会社を経営している以上、お金からはどうやっても逃げられない。
□道場を経営している以上、お金からはどうやっても逃げられない。

つまり

□生きてる以上、お金からはどうやっても逃げられない。
□生きてる以上、お金からはどうやっても逃げられない。
□生きてる以上、お金からはどうやっても逃げられない。

なんですね。だから

□「お金とちゃんと向き合う」という事が大事

なんですね。お金と向き合うという事は現実と向き合うことでもありますから、

□「現実とちゃんと向き合う」という事が大事

なのではないかと。

#厳しい現実を突きつけられる事が多いですが

まとめますと

□お金から逃げる=現実から逃げる

なんですね。逆に言えば

□お金とちゃんと向き合う=現実とちゃんと向き合う

なのではないかと。

遅いかもしれませんが、44歳を迎えての初めての「気づき」でした。

-気づき

執筆者:

関連記事

no image

私の新入社員時代 その2

仙台の鈴木@道場長です。 一口に日立と言っても、様々な会社があるんです。「世界ふしぎ発見」で日立製作所グループの会社が沢山紹介されますが、その中の一社が私がお世話になった会社です。日立製作所の建物があ …

no image

カネと引き換えに大切なものを差し出してはならない

私の父親は社長時代に、 「お客さんに頭を下げるんじゃない、 カネに頭を下げるんだ」 と言っていたそうです。 家族を抱え、会社を抱え、社員を抱え、社員の家族の生活を保証する立場。 時には無理難題をふっか …

no image

あえて痛い思いをさせる

仙台の鈴木@道場長です。 ガイドや守護霊と呼ばれる方々は「守ってくれる人」というイメージがありますが、時には「あえて痛い思いをさせる」という事もするようです。 工学部の学生は、4年生になる前に卒研室を …

no image

他人は自分の鏡

他人は自分の鏡。 他人の反応は、自分の姿そのもの。 自分の発した言葉が 他人という鏡に反射して戻ってくる。 良い言葉を発すれば、 他人から良い言葉が、 悪い言葉を発すれば 他人から悪い言葉が返ってくる …

no image

未来の自分に呪いをかけないで

※これは2017年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。   私も若い頃は、とんがっていて、いろんな人に噛みついた。先輩に噛みつく俺ってカッコいいと思ってた。でも噛みついた …