気づき・行動の変化

洗脳を解くには その1

投稿日:

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

「洗脳」されてしまった人を、どうやったら救い出せるだろうか?

洗脳は宗教やマルチでしばし使われ、その組織に人を縛り付けるために行われる。

宗教やマルチの門をくぐると大歓迎され、拍手と共に「肯定」のシャワーを浴びる。すると人はそこに自分の「居場所」を発見してしまう。普段から「自分の居場所」を持たない人はこれに安々とハマってしまう。

「いい大学を出た人がなぜあんな宗教に・・・?」としばし言われるが、理由は単純で「自分の居場所がそこにあった」からである。

一度宗教やマルチにハマと、地域社会から分断され、家族からも分断される。家族から「あんなところに行ってはダメ!」と組織を否定され、脱退を促されるからだ。

宗教やマルチでは徹底的に「疑問を持たないこと」が推奨される。疑問を持てば即座に否定され、疑問を持つことに罪悪感すら覚えるようになる。そこで「疑問を持たない」を選択すれば、即座に肯定のシャワーが降り注ぐ。

かくして洗脳は完了し、被害者は加害者となり、新たなターゲット獲得に向けて動き出す。

何というバッドループ・・・。

さてさて、ではどうやったら「洗脳」されてしまった人を救い出せるのだろうか?

説得や組織からの強引な分断は本人の反発を招き、むしろ脱退から遠のかせてしまう。「人を変えさせる」のは不可能と言っていい。

ではどうすればいいのだろうか?

長くなったので、稿を改めて投稿しようと思う。

 

-気づき・行動の変化
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

これからは「女神」と「天使」だな

  最近あまり隠さなくなってきたこと。それが「女性性」。 小さい子を見かけると「あーっ、カワイイ♪」となる。 誰かが一生懸命頑張っている姿を見るとホロっとする。 嬉しくて泣いている人を見ると …

no image

人間関係に悩む方へ

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 相手も自分と同じ考えと思わぬこと。 相手を追い詰め窮鼠にせぬこと。 相手をジャッジせぬこと。 自分と違う考えを受け入れること。 …

no image

家の宿題

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。ここ20年程を振り返ると、鈴木の家には実に色々あったと思う。 拳を握り締め、歯噛みした日。頭を下げて、罵声に耐えた日。涙が溢れ …

no image

「嫉妬」のいい解消法

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。私も感情を持つ一人の人間ですから、誰かに「嫉妬」することもあります。 でも「嫉妬」の感情って醜いですよね。  だから「嫉妬」と …

no image

素のオヤジを見せる

※これは3年前にFacebookに投稿した記事を、リライトしたものです。     そう言えば、うちは「教育方針」というのがないな~。 教育って「する」ものなの? 子供って「育てる」 …