気づき

イチローは「前世」でも野球選手だった?

投稿日:2017年7月12日 更新日:

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

「特殊な才能を持っている人は、過去、つまり前世で何世代にもわたって、その才能を磨いてきた人なの。」

生まれながらにしてピアノや絵画の天才、スポーツの天才という人がいる。斎藤一人さんは天才が生まれる理由を「前世からの努力」という言葉で表現している。

催眠状態で幼児期まで退行し、今抱えているトラウマの原因を探る療法を、退行療法という。

退行できる範囲は幼児期や乳児期だけではなく、胎児、受胎前、そして前世まで退行できるのだという。

これらの事から「生まれ変わり」があるのは、どうやら間違いないようだ。

大人でも、言動や行動がいつまでも子供みたいな人もいるし、不思議な程大人びた子供もいる。こういう例は「生まれ変わりがある」と仮定すると説明がつく。

「年齢」というものが、この世に生を受けた後の「実年齢」ではなく、過去世も含めた「生まれ変わりの回数」で決まると考えるのだ。

「子供っぽい大人」は生まれ変わりの回数が少なく、
「大人びた子供」は生まれ変わりの回数が多い。

一概にそうとは言えないけれど、そう考えると色々と楽になる。

バカばっかりやっている大人がいても、中身は子供と思えば微笑ましい。

逆に自分の子供であっても、中身は自分よりはるかに大人かもしれない。そう思うと一人の人間として尊重できる。

オカルトに走るスピリチュアルは苦手だけど、
実生活に活きるスピリチュアルはいいかもね。

-気づき
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

泣けるのは、それだけ真剣にやってきたから

※この記事は、2年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 先日行われた仙台二華高等学校の卒業式。 本当に素晴らしい式でした。 式は厳粛な雰囲気のなか進行し、 多くの卒業生が目を潤ま …

no image

追い詰めるという事

仙台の鈴木@道場長です。 理研の笹井芳樹氏が「自殺」という形で人生を終えました。52歳、まだまだ人生を楽しめる年齢で、ようやく収穫の時期を迎えたというのに、死を選ばなければならなかったその理由とは一体 …

no image

息子へのプレゼント

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 「扇風機のコンセントが抜けない」 大学1年になる息子にそう言われ、どれどれと腰を上げる。 むむ?確かに抜けない。 ロックでもされ …

no image

失うことって怖いですか?

仙台の鈴木@道場長です。 失うことって怖いですよね。私も怖いです。男性にとって一番怖いのは、仕事を失う事ではないでしょうか。生活の安定を求めて公務員になったという人は特にそうでしょうね。「辞める」とい …

no image

失敗経験豊富

仙台の鈴木@道場長です。 私はコーヒー好きなんです。コンビニに寄ればお店でドリップするコーヒーを買うし、事務所ではインスタントやレギュラーコーヒーをよく飲んでます。ドリップオンのように、一回分のコーヒ …