気づき

イチローは「前世」でも野球選手だった?

投稿日:2017年7月12日 更新日:

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

「特殊な才能を持っている人は、過去、つまり前世で何世代にもわたって、その才能を磨いてきた人なの。」

生まれながらにしてピアノや絵画の天才、スポーツの天才という人がいる。斎藤一人さんは天才が生まれる理由を「前世からの努力」という言葉で表現している。

催眠状態で幼児期まで退行し、今抱えているトラウマの原因を探る療法を、退行療法という。

退行できる範囲は幼児期や乳児期だけではなく、胎児、受胎前、そして前世まで退行できるのだという。

これらの事から「生まれ変わり」があるのは、どうやら間違いないようだ。

大人でも、言動や行動がいつまでも子供みたいな人もいるし、不思議な程大人びた子供もいる。こういう例は「生まれ変わりがある」と仮定すると説明がつく。

「年齢」というものが、この世に生を受けた後の「実年齢」ではなく、過去世も含めた「生まれ変わりの回数」で決まると考えるのだ。

「子供っぽい大人」は生まれ変わりの回数が少なく、
「大人びた子供」は生まれ変わりの回数が多い。

一概にそうとは言えないけれど、そう考えると色々と楽になる。

バカばっかりやっている大人がいても、中身は子供と思えば微笑ましい。

逆に自分の子供であっても、中身は自分よりはるかに大人かもしれない。そう思うと一人の人間として尊重できる。

オカルトに走るスピリチュアルは苦手だけど、
実生活に活きるスピリチュアルはいいかもね。

-気づき
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

「取っておけ」が私を苦しめる

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。父親の世代は団塊の世代。戦後のモノがない時代を経験したためか、今ある工具や設備は苦労して手に入れたものばかり。だから思い入れも …

no image

忙しい時はお互い様 その4

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 >>> その1 >>> その2 >>> その3 >>> その4 当時のお昼に起きたことが↓これ↓ね。 ホント「しょうもない間 …

no image

いいお客さんに恵まれる大チャンス

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 こちらに非のないクレームというのが、たまにある。 こういう問題がありますよとちゃんと説明しご納得頂いていたのに、後日クレーム …

no image

「○○教信者獲得案件」とかありそう(笑)

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。   ついに宗教団体もネットで広告を出すようになったみたいですね。「○○教って何だろう」というバナー広告を時折見かけ …

no image

恋する一秒前までをプロデュース

Facebookつながりで知り合った、電力ホール地下の中国料理「シノワズリー啓樹」の店長・中澤智恵さん。   あっ、手の角度間違えた(笑)   その方が主催する恋活パーティ。その名 …