気づき・行動の変化

殺意が「フッ」と消えた日

投稿日:

※これは約1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

子供は、お父さん、お母さんが大好きなのです。それがどんなお父さん、お母さんであっても。大好きだから、そのお父さんとお母さんを選んで生まれてきたのです。

でもお父さんもお母さんも、完全ではないのです。
100%じゃないし、100点満点じゃない。

小学校の6年生が、1年生に何かを教えている場面を想像してみて下さい。

1年生から見れば「6年生ってすごいなぁ。オトナだなぁ。」と思うかもしれません。でも6年生だって間違いはあるし、時にはバカなこともやります。

6年生が間違いを犯したり、バカをやっている場面を見た1年生はどう思うでしょうか?

涙を流しながら「どうして?ねぇどうしてあんなことしたの?」と小さいながら必死の抗議をするかもしれません。

尊敬していただけに、信頼していただけに、その反動が「怒り」となって表れます。

他人だったらこれでおしまいですが、親子だったらどうでしょう?

親子だと「怒り」を簡単には表現できません。怒りを表現すると、子供は生存権が奪われるかもしれないからです。

かくして子供は「怒り」を封じ込めます。そうしないと生きていけないからです。でもその怒りは蓄積され、やがてそれは親子ゆえ、「殺意」へと変わっていきます。

子が親を殺すという痛ましい事件がたまに発生しますが、そこに至る道筋のひとつに、間違いなくこれがあると思います。

私はこれまで、頭の中で何度も何度も父親を殺害しています。毎日です。仙台へUターンして10年を超えましたから、少なくとも3,600回以上父親を殺しています。

普段の私を知っている人から見たら、とても信じられないでしょう。でも「父と息子」というのは、それほど難しく、上手くいかないものなのです。

でも先日、フッとそれがなくなったのです。

あれ?実は俺って、オヤジが大好きなんじゃないか?
そう思ったら、殺意も嫌う感情もフッとなくなりました。

漬物石のように、これまで私の人生に重くのしかかっていた「何か」がフッと消えてしまったのです。

5日は妹の月命日。早くも3ヶ月が過ぎました。

そういえば父親への殺意がフッと消えたのも5日だったような気がします。

私の現世での「囚われ」を、あの世の妹が「解放」してくれたのかもしれません。



-気づき・行動の変化
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

お説教は黙って従うか、反発して出ていくかの二択を迫る行為

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 仙台市内の小中学校は本日終業式を迎え、夏休みとなる。 終業式と言えば、通信簿。私は通信簿を親に見せるのが、本当に嫌だった。 テス …

no image

墓前での誓い

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 お盆を前にして、福島県相馬市に2箇所あるお墓を掃除しに行った。 最初に向かったのが叔父夫婦が眠るお墓。 次に向かったのが祖父が眠 …

no image

「あなたのため」というイタい選民思想

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 マルチにハマった人、宗教にハマった人、いずれも言うことは共通していて 「あなたのため」 なんですよね。 でもその根底には人を …

no image

「取っておけ」が私を苦しめる

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。父親の世代は団塊の世代。戦後のモノがない時代を経験したためか、今ある工具や設備は苦労して手に入れたものばかり。だから思い入れも …

no image

いいお客さんに恵まれる大チャンス

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 こちらに非のないクレームというのが、たまにある。 こういう問題がありますよとちゃんと説明しご納得頂いていたのに、後日クレーム …