気づき

殺意が「フッ」と消えた日

投稿日:

※これは約1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

子供は、お父さん、お母さんが大好きなのです。それがどんなお父さん、お母さんであっても。大好きだから、そのお父さんとお母さんを選んで生まれてきたのです。

でもお父さんもお母さんも、完全ではないのです。
100%じゃないし、100点満点じゃない。

小学校の6年生が、1年生に何かを教えている場面を想像してみて下さい。

1年生から見れば「6年生ってすごいなぁ。オトナだなぁ。」と思うかもしれません。でも6年生だって間違いはあるし、時にはバカなこともやります。

6年生が間違いを犯したり、バカをやっている場面を見た1年生はどう思うでしょうか?

涙を流しながら「どうして?ねぇどうしてあんなことしたの?」と小さいながら必死の抗議をするかもしれません。

尊敬していただけに、信頼していただけに、その反動が「怒り」となって表れます。

他人だったらこれでおしまいですが、親子だったらどうでしょう?

親子だと「怒り」を簡単には表現できません。怒りを表現すると、子供は生存権が奪われるかもしれないからです。

かくして子供は「怒り」を封じ込めます。そうしないと生きていけないからです。でもその怒りは蓄積され、やがてそれは親子ゆえ、「殺意」へと変わっていきます。

子が親を殺すという痛ましい事件がたまに発生しますが、そこに至る道筋のひとつに、間違いなくこれがあると思います。

私はこれまで、頭の中で何度も何度も父親を殺害しています。毎日です。仙台へUターンして10年を超えましたから、少なくとも3,600回以上父親を殺しています。

普段の私を知っている人から見たら、とても信じられないでしょう。でも「父と息子」というのは、それほど難しく、上手くいかないものなのです。

でも先日、フッとそれがなくなったのです。

あれ?実は俺って、オヤジが大好きなんじゃないか?
そう思ったら、殺意も嫌う感情もフッとなくなりました。

漬物石のように、これまで私の人生に重くのしかかっていた「何か」がフッと消えてしまったのです。

5日は妹の月命日。早くも3ヶ月が過ぎました。

そういえば父親への殺意がフッと消えたのも5日だったような気がします。

私の現世での「囚われ」を、あの世の妹が「解放」してくれたのかもしれません。



-気づき
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

「さげまん」のメカニズム

仙台の鈴木@道場長です。 今回「さげまん」のメカニズムが分かりました。 「エウレカ!」と叫びながら全裸のまま風呂から飛び出して通りを走り回るレベルです(笑) ある地元商店会の知り合い。奥さんとの関係で …

no image

まず「個人の誇り」を取り戻せ

仙台の鈴木@道場長です。 高校生の頃。私は県立の工業高校(通称県工)だったのですが、社会の先生に通称いぐっつあんという先生がいたんですね。いい先生でした。工業高校ですから社会科はあまり重要視されないん …

no image

追い詰めるという事

仙台の鈴木@道場長です。 理研の笹井芳樹氏が「自殺」という形で人生を終えました。52歳、まだまだ人生を楽しめる年齢で、ようやく収穫の時期を迎えたというのに、死を選ばなければならなかったその理由とは一体 …

no image

いつだってアウェイ

仙台の鈴木@道場長です。 私は日立に11年半勤務していました。その間、本社で勤務した日数は数える程。おそらくトータルで1ヶ月も本社にいなかったと思います。籍はあっても席はない。ではどこにいたのかという …

no image

家の宿題

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。ここ20年程を振り返ると、鈴木の家には実に色々あったと思う。 拳を握り締め、歯噛みした日。頭を下げて、罵声に耐えた日。涙が溢れ …