気づき・行動の変化

殺意が「フッ」と消えた日

投稿日:

※これは約1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

子供は、お父さん、お母さんが大好きなのです。それがどんなお父さん、お母さんであっても。大好きだから、そのお父さんとお母さんを選んで生まれてきたのです。

でもお父さんもお母さんも、完全ではないのです。
100%じゃないし、100点満点じゃない。

小学校の6年生が、1年生に何かを教えている場面を想像してみて下さい。

1年生から見れば「6年生ってすごいなぁ。オトナだなぁ。」と思うかもしれません。でも6年生だって間違いはあるし、時にはバカなこともやります。

6年生が間違いを犯したり、バカをやっている場面を見た1年生はどう思うでしょうか?

涙を流しながら「どうして?ねぇどうしてあんなことしたの?」と小さいながら必死の抗議をするかもしれません。

尊敬していただけに、信頼していただけに、その反動が「怒り」となって表れます。

他人だったらこれでおしまいですが、親子だったらどうでしょう?

親子だと「怒り」を簡単には表現できません。怒りを表現すると、子供は生存権が奪われるかもしれないからです。

かくして子供は「怒り」を封じ込めます。そうしないと生きていけないからです。でもその怒りは蓄積され、やがてそれは親子ゆえ、「殺意」へと変わっていきます。

子が親を殺すという痛ましい事件がたまに発生しますが、そこに至る道筋のひとつに、間違いなくこれがあると思います。

私はこれまで、頭の中で何度も何度も父親を殺害しています。毎日です。仙台へUターンして10年を超えましたから、少なくとも3,600回以上父親を殺しています。

普段の私を知っている人から見たら、とても信じられないでしょう。でも「父と息子」というのは、それほど難しく、上手くいかないものなのです。

でも先日、フッとそれがなくなったのです。

あれ?実は俺って、オヤジが大好きなんじゃないか?
そう思ったら、殺意も嫌う感情もフッとなくなりました。

漬物石のように、これまで私の人生に重くのしかかっていた「何か」がフッと消えてしまったのです。

5日は妹の月命日。早くも3ヶ月が過ぎました。

そういえば父親への殺意がフッと消えたのも5日だったような気がします。

私の現世での「囚われ」を、あの世の妹が「解放」してくれたのかもしれません。



-気づき・行動の変化
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

人間関係に悩む方へ

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 相手も自分と同じ考えと思わぬこと。 相手を追い詰め窮鼠にせぬこと。 相手をジャッジせぬこと。 自分と違う考えを受け入れること。 …

no image

素のオヤジを見せる

※これは3年前にFacebookに投稿した記事を、リライトしたものです。     そう言えば、うちは「教育方針」というのがないな~。 教育って「する」ものなの? 子供って「育てる」 …

no image

プロの仕事 その1

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 プロの仕事ってすごい。最近そう感じることが2つあった。 ひとつは「お寺さん」。 お寺さんというと「葬式仏教」などと揶揄される通り …

no image

うちの工場が売ったもの

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 「飛び込みのお客さんなんですけど~、うちの手におえないんで見てやってけさい~」 取引先のガソリンスタンドからレスキューのTEL。 …

no image

他人の学びを邪魔してはならない

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。   自動車整備工場は今や「斜陽産業」と言われています。それでも、自動車整備でやっていくしかない人は、歯噛みしながら …