気づき

息子へのプレゼント

投稿日:

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

「扇風機のコンセントが抜けない」

大学1年になる息子にそう言われ、どれどれと腰を上げる。

むむ?確かに抜けない。

ロックでもされたかのような感じで、ゆすることはできるのだが、抜けはしない。

かなりの力を込めて、ようやく抜けた。

その抜けたコンセントの先を見てみると、金具がひん曲がっている。

抜くときに曲がったのではなく、無理に差したから中で曲がってしまい、だから抜けなくなったという感じ。

「ペンチで挟んで直すしかないね~」

そうは言ったものの、家の中には工具がない。

う~む、困った。

ふと思いついて、昔買った十得ナイフを探し出した。それには小さいながらプライヤーがついていて、そのプライヤーで金具の曲がりを直す事ができた。

「あぁ、これ、やるよ」

またまたふと思いついて、息子に十得ナイフを渡した。

男の子はこういうものを手にすると大喜びするもの。息子も例外ではなく、大喜びしてくれた。

「自分へのご褒美」として15年前に買ったもの。名前が刻印されていて、大切に使ってきた。

それをあっさりあげてしまったことに自分でも驚いたけど、息子に使ってもらえるんだったらいいんじゃないかな。

↓息子さんへの誕生プレゼントにいいかも↓

 

-気づき
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

鈴木ボデー工業所の看板を下ろす事になりました

仙台の鈴木@道場長です。 鈴木ボデー工業所の看板を下ろす事になりました。 といっても倒産するのではなく、看板を取り替えるのです。Facebookつながりで、サンコー造型さんにお願いする事となりました。 …

no image

山石敬之さんのライブツアーin仙台

私がミュージシャンの熱心なファンになって、追っかけみたいなことするなんてないわー。 ・・・と思ってた。 山石敬之さん。この方だけは別格。魂持ってかれた。 言葉を選んで歌詞を紡ぎ、 音符の一つ一つに気を …

no image

お説教は黙って従うか、反発して出ていくかの二択を迫る行為

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 仙台市内の小中学校は本日終業式を迎え、夏休みとなる。終業式と言えば、通信簿。私は通信簿を父親に見せるのが、本当に嫌だった。 …

no image

「取っておけ」が私を苦しめる

※これは2014年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。父親の世代は団塊の世代。戦後のモノがない時代を経験したためか、今ある工具や設備は苦労して手に入れたものばかり。だから思い入れも …

no image

「お説教」に反対します

仙台の鈴木@道場長です。 「お説教」に反対します。