掃除道・一日一捨

準備ができているか

投稿日:

※これは2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

東北学院大学工学部合気道部。私がかつて4年間を過ごした部である。

その合気道部が今、存亡の危機にある。

新入部員が一人。幹部は2年生の二人。3年生はいなくて、4年生が8名。

人数だけ見れば多いが、4年生は就活と卒研でほぼ引退。だから実質3人である。

昇級審査も近いとの事で、久々に土曜日の稽古に行ってみた・・・のだが。

行ってみたら、誰もいない。2年生の主将がポツンと座っているだけ。

「他の部員はどうした?」

と尋ねると、家の用事だ、無断欠席だと、なんやかんやで来ないのだとか。

部員が少ない。それは仕方がない。少ないなら少ないなりにやりようはある。

だが部員にやる気がない。これが一番よくない。これを存亡の危機と言わずして、何と言う?

道場を見れば、不要なものが置いてあったり、ホコリが積もっていたり、クモの巣が張っていたり。

稽古できる状態とはとても言い難い。

「よし、掃除をしよう」

2年生の主将と二人で掃除を開始。

不要なものを片付け、ホコリやクモの巣を取り除き、ほうきをかけ、雑巾で拭き取り、1時間程かけて道場をきれいにした。

新しい道場の建設が進んでいて、この道場はまもなく取り壊される。

だから掃除する意味はない?否。だからこそ掃除をする。

息子くらいの年齢の大学生と二人、ほうきの使い方を教え、拭き掃除を教え、教え教えしながらの掃除。

一時間かけてようやくきれいになった。

「一旦外に出て、それから中にはいってみな」

言われるががままに一旦外に出て、改めて中に入ってくる2年生の主将。

「ぁ…」

掃除が行き届いた「場」の雰囲気を感じた彼がようやく発した一言。

これが「準備ができている」という状態。

準備ができているから、部員が集まってくる。
準備ができているから、新入部員が入ってくる。
準備ができているから、OBがやってくる。

これこそが「主将」の仕事だと思う。

 

-掃除道・一日一捨
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

丁寧に生きる

仙台の鈴木@道場長です。 丁寧に生きる。大事ですね。最近になって丁寧に生きることの大切さが分かりました。 仕事は早いほうがいいんです。同じ結果を出すならば、時間をかけない方がいい。でもそれに「丁寧さ」 …

no image

トイレを磨くことで磨かれるのは・・・

仙台の鈴木@道場長です。 最近トイレ掃除にハマってます。といっても毎日ではなく、連続で掃除したり、1日空けてまた連続で掃除したり、そんな感じです。 回を重ねると気づきもでてくるのですが、トイレ掃除をし …

no image

日本は「柔道」を取り戻せるか その5

仙台の鈴木@道場長です。 ・・・つづき。 思い返せば、私が中学生に何かを語りかけるのは、いつも怒るときばかりだったように思います。その時の彼らはうなだれるか、泣きそうになって怯えているかのどちらかなの …

no image

日本は「柔道」を取り戻せるか その4

仙台の鈴木@道場長です。 ・・・つづき。 当日は快晴。朝からうだるような暑さです。30分前には若い柔道指導者が飲み物を持って現れ、続いてポツポツと柔道部の中学生が集まり始めました。定刻になり、全員に整 …

no image

誰が汚そうと、きれいにするのは合気道

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。中野中武道館。武道館外周のコンクリ部分は、野球部やサッカー部が腰を下ろしたり、荷物を置くスペースになっている。それは構わないのだが …