合気道

汗をかく稽古、恥をかく稽古

投稿日:

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。

稽古には、
汗をかく稽古と、
恥をかく稽古がある。

汗をかく稽古は必要ではあるけれども、
それより大事なのは恥をかく稽古である。

稽古で自分の見識の誤りに気づいたり、
稽古で自分の技が通じなかったりして、恥をかく。

何年稽古しても、何段になっても、
この恥をかく経験が大事。

ただし恥をかき続けると萎縮し、
自己肯定感を下げてしまうので、
適度に開き直ること。

自分の誤りに気づいたら、素直に自分を変えること。
技や稽古方法に工夫を凝らすこと。

指導者側にあっては
「恥をかかせず気づきを促す」
という配慮をすること。

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

大丈夫、大丈夫。 その1

事務所の神棚。 うちの事務所の構造的な問題があり、北側の壁には神棚が設置できない。北側は全面ガラス張りなのだ。 なのでこれまで西側の壁に設置していたのだが、そこは

no image

大丈夫、大丈夫。 その2

・・・つづき。 新しい神棚を設置するにあたり、方角にはちょっと悩んだ。

no image

受身の達人www

仙台の鈴木@道場長です。 これまで色んな道場で稽古してきましたが「受身」が上手な人がいますね。

no image

ごしゃぐ

仙台の鈴木@道場長です。 昨日は仙台市内で合気道関係者の集まりがあったのですが、久々にごしゃぎました。「ごしゃぐ」とは東北弁で「怒る」とか「怒鳴る」という意味です。ごしゃいだのは会議の席ではなく、地元 …

no image

体重移動

仙台の鈴木@道場長です。 うちの事務所にはネコが2匹いるんですが、片方のネコをからかってみたんですね。「ペしっ」と軽く身体を叩くんです。びっくりして逃げますね。それを追いかけて、また「ぺしっ」と叩くん …