合気道

汗をかく稽古、恥をかく稽古

投稿日:

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。

稽古には、
汗をかく稽古と、
恥をかく稽古がある。

汗をかく稽古は必要ではあるけれども、
それより大事なのは恥をかく稽古である。

稽古で自分の見識の誤りに気づいたり、
稽古で自分の技が通じなかったりして、恥をかく。

何年稽古しても、何段になっても、
この恥をかく経験が大事。

ただし恥をかき続けると萎縮し、
自己肯定感を下げてしまうので、
適度に開き直ること。

自分の誤りに気づいたら、素直に自分を変えること。
技や稽古方法に工夫を凝らすこと。

指導者側にあっては
「恥をかかせず気づきを促す」
という配慮をすること。

-合気道

執筆者:

関連記事

no image

他の神様へのサービスが滞ってはいけない

仙台の鈴木@道場長です。 「お客様は神様です」なんて言葉がありますが、あれ、ウソですから。確かに、うちの商品やサービスを買ってくれて、お金を置いていってくれる人はありがたいですよ。私はそれで生活してい …

no image

受身の達人www

仙台の鈴木@道場長です。 これまで色んな道場で稽古してきましたが「受身」が上手な人がいますね。

no image

ゴツッ!と当て身

仙台の鈴木@道場長です。 稽古相手が非力な女性の場合に限りますが、私はあえて当身を入れさせる事があります。当身は「ペチン」ではダメなんです。「ゴツッ!」と入れないと。ですが女性は拳を相手に当てるという …

no image

なんとすばらしい一日

桜咲く頃のお話。東北大医学部の学生さん(親戚)がタイヤ交換で来社。タイヤ交換を待つ間、高3の息子を呼び寄せて、受験のアドバイスを1時間程もらう。今悩んでいる所、勉強のコツなど、アドバイスをもらう。息子 …

no image

かもめの玉子

仙台のアフィリエイター鈴木@道場長です。 かもめの玉子。岩手県大船渡市に本社を持つ「さいとう製菓」が送る銘菓です。 私はこのお菓子とご縁があって、ゲストが来られた時には必ず「かもめの玉子」をお土産とし …