アフィリエイト

ゆうこりん

投稿日:

小倉優子。
 
こりん星のお姫様という、「変」な設定で活躍していたが、こりん星の事を「ウソ」と認め、今では普通のアイドルとして活躍している。
 
が。
 
あのこりん星の件、ウソじゃない。半分はウソだけど。
なんのこっちゃと思うかもしれないがまぁ聞いてくれ。
 
こりん星というのは、連星系なんだ。
双子の星のこりん星と、ヘンテ星。
ゆうこりんはヘンテ星出身。
 
最初に文明が生まれたのがヘンテ星。
しかし文明が進むにつれて、ヘンテ星は人口増加や環境汚染が深刻となった。
 
そこでヘンテ星人が目をつけたのがこりん星。
こりん星には手つかずの自然が残されていて、大変住みやすい環境である。
よし、みんなで移住しよう。
 
かくしてニュー・フロンティアとしてこりん星への移住や開拓が始まった。
 
二つの星のちょうど真ん中に宇宙ステーションを建造し、そこから両方の星に向けて長~いハシゴを垂らす。ヘンテ星からハシゴを登り、こりん星に向けてハシゴを降りる。そうイメージして欲しい。
 
技術的なことはよくわからないが、ラグランジュポイントとか、宇宙エレベータとか難しい用語が出てきそうなので、ここで説明するのは勘弁して欲しい。
 
さて、自然豊かで最高の環境を持つこりん星は、お金持ちを中心として爆発的な人気を誇った。
というか、お金持ちじゃないと移住が許されなかった。
 
ヘンテ星でモノを作って、それをこりん星で使う。
ヘンテ星で資源を採って、それをこりん星で使う。
 
こりん星は自然豊かなままで、最高の環境。
ヘンテ星は自然がうしなわれ、最低の環境。
 
そんな構図ができあがってしまった。
 
かくしてヘンテ星の環境破壊はますます進み、
住民格差はますます広がった。
 
「こりん星への移住を許可しろ!」
「政府は金持ち優遇を今すぐやめろ!」
ヘンテ星住民の不満は爆発寸前だった。
 
そして立ち上がったのが、「ゆうこりん」こと小倉優子だ。
 
ゆうこりんは「ヘンテ星のジャンヌ・ダルク」と言われた女傑だったのだ。
 
住民運動では常に先頭で声を上げ、時には武器を手に戦った事もあったという。
 
ヘンテ星住民による激しい住民運動が奏功し、ゆうこりんはついに、政府からこりん星の代表と話し合う確約を取り付けたのだった。
 
そして、こりん星への出発の日。
 
ゆうこりん一行を乗せた宇宙エレベータのカーゴは、不慮の事故なのか、それとも故意の事故なのか、今となっては分からないが、エレベータの軌道を外れ、宇宙空間に放り出されてしまった。
 
なすすべもなく、遠ざかる故郷の星を眺めながら、ゆうこりん一行は人口冬眠の眠りについた。
 
次にゆうこりんが目覚めたのは地球という星のある国、日本であった。
 
人口冬眠による長い眠りの影響で、常にボーッとしている。
舌もうまく回らず、話し方もちょっと頼りない。
でもそれがウケて、偶然アイドルになったという訳。
 
ちなみに、ヘンテ星から来たのはゆうこりんだけじゃない。
 
西村知美、渡辺美奈代、そして羽野晶紀。
4人ともキャラがそっくりでしょ。
 
ゆうこりんの話、半分はホントで、半分はウソなの。
こりん星から来たと言えなくもないけど、実はヘンテ星の住民。
 
そろそろ人口冬眠の影響が消え、本来のゆうこりんが顔を出す日も近いんじゃないかな。話し方もだいぶしっかりしてきたし。
 
以上「へんてこりん」なお話でした。
 
最後まで読んでくれた朝からお暇な皆さん、

ごくろうさん!

ゆうこりん白書は↓こちら↓

-アフィリエイト
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

なぜ日立を辞めたのか

なぜ日立を辞めて自営の道を選んだのだろう?その謎がようやく解けました。自営の場合、自分を変えようとしないと、収入が即「ゼロ」になってしまうからです。そのココロは・・・自営の場合、今まで営業にお願いして …

no image

ワイヤレススピーカーBR-1X(ブリック)

フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンのポータブルスピーカー「BR-1X SB5200」が4月下旬に発売されます。BR-1Xと書いて「ブリック」と読むんですね。 BlueToothを使い、ワイヤレス …

no image

モノクロ専用ライカ

仙台のアフィリエイター鈴木@道場長です。 ライカというメーカーをご存知ですか?私も名前だけは知っていましたが、カメラのメーカーで、コアなファンが多く、根強い人気を誇るメーカーなんですね。 そのライカが …

no image

アフィリエイト修行の旅 その5

仙台の鈴木@道場長です。 21時までみっちり、ブログ作成を行いました。本日作成したブログは3ブログ。それぞれ10記事ずつ入れる予定でしたが、21時までに28記事の作成にとどまりました。おしい。あと2記 …

no image

大丈夫、大丈夫さ!

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。初めてライブハウスという場所に行き、初めて生でアーティストの歌声を聴いた。 その時に強烈に残ったフレーズが「♪大丈夫 大丈夫さ …