気づき・行動の変化

「泥仕合」はしない

投稿日:2017年3月1日 更新日:

 

格闘技の試合で、レベルの高い技を見ると感動する。狙い澄まして合わせ、スパッと決める。技を受けた方も瞬時に意識を刈り取られるから、何が起きたのかが分からない。

この真逆が「泥仕合」。

どつき合い、ガマン比べ、体力勝負。相手も意識と戦意が残っているから、体力が続く限り戦い続けてしまう。

最近の私。この「泥仕合」をしなくなった。と言っても格闘技ではなく対人関係の、ね。

私に対して「文句を言う」という形で「感情のはけ口」にしようとする人がいる。しかも、お客さんとか、親戚筋にそういうのがいるのよ奥さ~ん(苦笑)。

その方々からもお仕事を頂いているから、なるべく我慢するようにしていたけれど、「そんな人の仕事いらないよね~」「そんな親戚とは付き合いを断てばいいんだよね~」と思うようになった。

実際来てくんなくなったら困るし、商売としては苦しくもなるけれど、「我慢」をしなくていいから楽。

最近「あぁ、この人、感情をぶつけに来るな」というのが何となく読めるようになってきた。そんな時は何か言葉を発する前に

「それならよその工場に行ったらいいっちゃ」
「うちではできねよ~」

とスパッと斬るようになった。

一見「冷たい」ように見えるかもしれないけれど、「泥仕合」をしなくていいから、結果的にはお互い楽なんだよね。

そうやってスパッと斬ると、後々引きずらないし、モヤモヤも残らない。

それでいいんじゃないかな。

 


 

「習い事」とか「セミナー」、あるいは「新興宗教」でもそうですが、生徒や信者が「上達されると困る」のです。

「???」と思った方もいらっしゃると思いますが、「上達されると困る」これは主催者側のホンネなのです。

「上達するために通っているのに、先生は上達させないようにしているの?」不思議に思うかもしれませんが、その通りなのです。

上達すると、通ってくれなくなるから。お金を落としてくれなくなるから。だから「上達されると困る」のです。

もうそんなセミナーに翻弄され、悩まされ、大切なお金を奪われるのは止めにしませんか?

自分の本来持っている輝きに「気づく」それが第一歩です。

詳しくは >>> こちら

-気づき・行動の変化
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

教育現場から「どうしようもない1割の教師」を排除して下さい

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。 小学校5年生の担任の先生。 くわえタバコで授業。煙を吐き散らし、灰を落とし、教卓の上に置かれた灰皿には吸殻が積まれ、その吸殻を捨て …

no image

いいお客さんに恵まれる大チャンス

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 こちらに非のないクレームというのが、たまにある。 こういう問題がありますよとちゃんと説明しご納得頂いていたのに、後日クレーム …

no image

『どうしたい?』

レストランに入ったら、真っ先に何をします?まずはメニューを開いて、そして?そう、「オーダー」をしますよね? ここで、もしお客さんが何のオーダーもしなかったら、店員さんはどうします? 「オーダーが決まり …

no image

「嫉妬」のいい解消法

※これは2016年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。私も感情を持つ一人の人間ですから、誰かに「嫉妬」することもあります。 でも「嫉妬」の感情って醜いですよね。  だから「嫉妬」と …

no image

山石敬之さんのライブツアーin仙台

私がミュージシャンの熱心なファンになって、追っかけみたいなことするなんてないわー。 ・・・と思ってた。 山石敬之さん。この方だけは別格。魂持ってかれた。 言葉を選んで歌詞を紡ぎ、 音符の一つ一つに気を …