「本物」という言葉は内に秘めて

※この記事は2年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。

「これが本物の・・・」
「本物をお見せします・・・」
「あれは本物じゃないんです・・・」

「本物」という言葉を使うと、
その次に訪れるのが「対立」。

「なぁにぃ~、オレは本物じゃないって言いたいのか!」
「オメーが本物なら、オレはニセモノか!」

こんな感じで。

「本物」という言葉を使うと「対立」を産んじゃうんですよね・・・。

ある農場のオーナーに会った時の事。

真冬で雪が積もっているはずなのに、
その畑だけは雪がなく、花が咲いていた。
そこだけ春だった。

畑の土はフカフカしていて、
じゅうたんの上を歩いているようだった。

土に力があり、その土で採れる野菜にも力があった。
スーパーで買える野菜とは段違いの力強さだった。

刃物で切ると、生き生きとした断面を見せてくれた。

私が思わず「この野菜は本物です!」と言うと、そのオーナーは

「本物という言葉はあまり使わない方がいいですね」

と私をやんわりと諭した。

「本物」という言葉は内に秘めるもの。

合気道とは全然関係ない農場のオーナーが、
私にそう教えてくれたような気がした。

 


 

水素。

この小さくて軽い元素を身体の中に取り込むことができたなら、身体の中にある余分な活性酸素と結びついて、水にして身体の外に排出してくれる。

活性酸素は強い薬とも言えるし、強い毒とも言える。
だから余分な活性酸素は早めに身体の外に出した方がいい。

水素を身体の中に取り込むことができればいいことづくめなんだけど、その取り込むことが難しい。

水を電気分解して、出てきた気泡の水素を直接吸います?もちろん火気厳禁でやって下さい(笑)

一番いいのは水素を水の中に溶かして、それを飲む。いわゆる「水素水」。

ではどうやって水素を水の中に溶かすの?これが一番の悩みどころ。

電気分解で作った水素は、気泡の状態。気泡だから浮かび上がって、水面でポンと弾けて、空気に混ざってしまう。

これでは「水素水」とは呼べません。
気が抜けた「元・水素水」です(笑)

本来でしたら、何日経っても水素が残っていて、お料理に使っても、加熱しても水素が抜けないのが

「本物の水素水」

なんですね。

では、そんな「本物の水素水」を作れる機械、すなわち「水素水サーバー」があったらどうでしょうか?

私はそんな水素水サーバーを実際に見てきました。

いずれ会社にも設置したいと考えています。

お客様にお出しするお茶、従業員の飲料水だけではなく、ネコちゃん、ワンちゃんが普段飲むお水にもいいかもしれませんね。

詳しくは↓こちら↓

 

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

大丈夫、大丈夫さ!

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。初めてライブハウスという場

記事を読む

no image

アフィリエイトのK塾 東北作業会 その1

仙台の鈴木@道場長です。 仙台は気持ちのいい朝です。一時的に天気が崩れるという予報もありますが

記事を読む

no image

アフィリエイト修行の旅 その1

仙台の鈴木@道場長です。 いつもお昼の12時に「予約投稿」で記事を公開していましたが、本日、明

記事を読む

no image

『30回以上噛む、その間は箸を置く』

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 最近なんだか胃もた

記事を読む

no image

アフィリエイトのK塾で一緒に勉強しませんか

仙台のアフィリエイター鈴木@道場長です。 東北の皆さん、仙台の皆さん。アフィリエイトのK塾で一

記事を読む

no image

ニュートンの息子

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。18歳になる息子。この年代

記事を読む

no image

ワイヤレススピーカーBR-1X(ブリック)

フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンのポータブルスピーカー「BR-1X SB5200」が4月下旬

記事を読む

no image

なぜ日立を辞めたのか

なぜ日立を辞めて自営の道を選んだのだろう?その謎がようやく解けました。自営の場合、自分を変えようとし

記事を読む

no image

空調服

仙台の鈴木@道場長です。 空調服。これが今熱い。今夏ヒットが予想される商品です。特に空調のない

記事を読む

no image

事故は双方の学びです

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。自動車整備を始めて10年。

記事を読む

no image
プロの仕事 その2

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
プロの仕事 その1

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

→もっと見る

PAGE TOP ↑