『30回以上噛む、その間は箸を置く』

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。

最近なんだか胃もたれする。
朝起きても、昨夜の夕食が残っている感じ。

う~む、もうトシか・・・

食べる量を減らすとか、断食すれば治るのだろうが、
あいにくと食べるのは楽しみで、なかなか止められない。

なのでラジオ番組で聞いた方法を試してみた。

とにかくよく噛む。30回以上噛む。
十分噛んで、噛み尽くしてから飲み込む。

そしてその間は箸を置く。

こうすることで、詰め込まなくなる。
よく噛んでいるから、胃にも優しい。

食事が美味しく感じる。
少ない量でも満足感がある。

今までセカセカと詰め込むようにして食べていたのは
一体何だったのか。

もう少し続けてみようと思う。

・・・

で、1年経った。

この「30回噛む」の習慣が原因かどうかは分からないけれど、体重は明らかに減った。

1年前は83kgだったのが、今は76kg。7キロ減。

運動量は増えてない。

軽い力でも十分に技が効くようになったので、むしろ運動量は減っている。

胃もたれとは無縁。

毎晩のように晩酌をしているけれど、翌朝残る事もない。

30回噛むだけで、こんなに違うとは。

オススメです。

 


 

ウコン。

私も「飲み会」の前にはコンビニに立ち寄り、ウコン入りのドリンクを買うようにしています。

ウコンの中に含まれている「クルクミン」という成分が、お酒の分解を早め、悪酔いしなくなるのだとか。

であるならば、クルクミンが多く含まれていれば何でもいい訳で、例えばカレーのスパイスにもクルクミンは含まれているので、飲み会の後にカレーを食べてもいいんです。

何かと飲む機会が多い私のオススメは、CoCoイチのカレー・・・ではなくて「ゲンキウコン」。

錠剤なので、乾杯前に飲んでおけばOK。

インドネシア産の「クニッツウコン」から作られた「ゲンキウコン」は、クルクミンが70mg以上入っています。

これだけ入っていれば確かに、翌朝の不快な症状からは解放されそうですね。

道場長オススメです。

↓ゲンキウコン↓
--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

アフィリエイト修行の旅 その7

仙台の鈴木@道場長です。 ホテルでしっかりと朝食を取ってから風呂に入り、稽古着に着替えて、その

記事を読む

no image

アフィリエイト修行の旅 その1

仙台の鈴木@道場長です。 いつもお昼の12時に「予約投稿」で記事を公開していましたが、本日、明

記事を読む

no image

アフィリエイトのK塾 東北作業会 その2

仙台の鈴木@道場長です。 いよいよ作業会の開始です。新しくてキレイな会議室にパソコンを持ち込ん

記事を読む

no image

ゆうこりん

小倉優子。 こりん星のお姫様という、「変」な設定で活躍していたが、こりん星の事を「ウソ」と認め、今で

記事を読む

no image

熟成肉

仙台のアフィリエイター鈴木@道場長です。 「熟成肉」が人気のようです。熟成肉とは、寝かせて旨み

記事を読む

no image

遺伝子検査

仙台の鈴木@道場長です。 遺伝子検査が手軽にできるようになったそうです。検査キットを取り寄せ、

記事を読む

ブログの更新はメール投稿機能で

仙台のアフィリエイター鈴木@道場長です。 アフィリエイトで欠かせない作業が、日々のブログ更新。

記事を読む

no image

ワイヤレススピーカーBR-1X(ブリック)

フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンのポータブルスピーカー「BR-1X SB5200」が4月下旬

記事を読む

no image

「○○教信者獲得案件」とかありそう(笑)

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。ついに宗教団体もネットで広

記事を読む

仙台アフィリエイトセミナー

仙台のアフィリエイター鈴木@道場長です。 アフィリエイトに関して、2つのお知らせがあります

記事を読む

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

→もっと見る

PAGE TOP ↑