誰も君の事を笑わない

工学部合気道部の稽古に参加。

彼らの昇級昇段の責任は私にある。昇級昇段に相応しい技を身につけているかどうかの見極めも兼ねた稽古である。

主将は私の息子と年齢が近く、しかも県工の後輩。

可愛くないはずがないんだよ。
だけど技に関しては絶対に妥協はできないんだよ。
工学部合気道部53年の歴史、そして
大先生、斎藤先生、柴田先生と受け継いできた合気道はそれだけ重いんだよ。

主将の技の途中で何度もダメ出し。目の前でやってみせ、直させる。

主将が後輩の目の前でダメ出しを喰らう。
カッコ悪いだろう。正直嫌だろう。
恨むなら恨め。オレは喜んで恨まれよう。

そして最後の技。私と主将で組む。

私は30代の主将。彼は53代の主将。
私は46歳の中年。彼は21歳の青年。

互いに技をかけあいながら、こんな言葉をかけた。

「人一倍痛い思いをして、人一倍恥をかくんだよ。
そうやって技を身につけて後輩に伝えていく。
それが主将の仕事なんだよ。その姿を見た部員は、
だれも君の事を笑わない。
君は主将の仕事をするんだ」

4年間の大学生活を「就職予備校」とせず、熱い稽古をして、
魂が震えるような経験を積んで社会に出てきて欲しい。

工学部合気道部に伝わる合気道には、それだけの力があると私は信じている。

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

もうちょっと考えてよ

仙台の鈴木@道場長です。 合気道の様々なイベントによく参加するんですが、いつも不満に思うことが

記事を読む

no image

大丈夫、大丈夫。 その1

事務所の神棚。 うちの事務所の構造的な問題があり、北側の壁には神棚が設置できない。北側は全面ガ

記事を読む

no image

合気道に対する私の本心(ようやく言語化できた)

※この記事は、1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 あっ!そうか!

記事を読む

no image

ゴツッ!と当て身

仙台の鈴木@道場長です。 稽古相手が非力な女性の場合に限りますが、私はあえて当身を入れさせる事

記事を読む

no image

本部道場の左側

仙台の鈴木@道場長です。 道友の方から聞いたのですが、本部道場では正面に向かって左側と右側で、

記事を読む

no image

その青帯は、他の青帯よりも重いんじゃない?

仙台の鈴木@道場長です。 同じ帯の色、同じ級、同じ段位でも、その重さは人によって全然違います。

記事を読む

no image

その日の技をいつどのようにして決めるのか

仙台の合気道家鈴木@道場長です。 1時間の稽古で、その日の技をいつどのようにして指導者は決める

記事を読む

no image

意識高い系のクソ生意気な弟子が育ってしまう理由

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。 なるほど。

記事を読む

no image

他の神様へのサービスが滞ってはいけない

仙台の鈴木@道場長です。 「お客様は神様です」なんて言葉がありますが、あれ、ウソですから。確か

記事を読む

no image

「道場ジプシー」になるなら「道場長」となれ

仙台の鈴木@道場長です。 私の道場は、初心者であれ経験者であれ、入門希望者はいきなり入門させる

記事を読む

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

no image
お・に・く・は・や・す・かっ・た・ね!

※この記事は1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたもので

no image
別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたもので

no image
汗をかく稽古、恥をかく稽古

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑