相手を信用する事から始まるのか、それとも疑う事から始まるのか

公開日: : 合気道 , ,

カーコーナーで有名なA社。

私は時々、簡易塗装で使う缶スプレーをA社に買いに行くのだけれども、特殊な色や外車の場合、出来合いのスプレーが売り場に並んでいないことがあり、そういう場合は缶スプレーを作ってもらうことになる(これを「調色」と呼んでいる)。

A社の調色は、まず店舗に行き、申込書を書いて、支払いを済ませてから始まる。調色には30分程かかるから、店舗への往復と待ち時間を合わせると1時間程度の時間がかかる。TELによる申し込みは一切受け付けてくれない。

一方同じくカーコーナーで有名なY社は、TEL一本で「あ、いいですよ。お作りしておきます」である。必要な時間は店舗への往復時間のみで、せいぜい30分といった所。

この対応の違い。

A社はなぜこのような対応なのか?素直な疑問を店長さんにぶつけてみた所「過去に調色を依頼されて、そのまま来店されないお客様がいたので、こういう対応になった」との事。

相手を信用する事から始まるY社。

相手を信用しない事から始まるA社。

扱う商品、提供するサービスは同じでも、この違いはとてつもなく大きいと思う。

ちなみにY社は「掃除道」で有名な鍵山秀三郎氏が創業した会社である。

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

「道場ジプシー」になるなら「道場長」となれ

仙台の鈴木@道場長です。 私の道場は、初心者であれ経験者であれ、入門希望者はいきなり入門させる

記事を読む

no image

素振りの次の段階

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には杖31の素振りという型が残されています。大先生が演武される

記事を読む

no image

「行間」を読めるか

仙台の鈴木@道場長です。 「行間」を読んでますか?行間を読む、つまり文章に書かれていない「本当

記事を読む

no image

合気道に対する私の本心(ようやく言語化できた)

※この記事は、1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 あっ!そうか!

記事を読む

no image

その青帯は、他の青帯よりも重いんじゃない?

仙台の鈴木@道場長です。 同じ帯の色、同じ級、同じ段位でも、その重さは人によって全然違います。

記事を読む

no image

習うか盗むか

仕事中に自称一番弟子からTELがあり「夜に31の組杖を教えて下さい」と。月曜日の稽古で私の兄弟子から

記事を読む

no image

その日の技をいつどのようにして決めるのか

仙台の合気道家鈴木@道場長です。 1時間の稽古で、その日の技をいつどのようにして指導者は決める

記事を読む

no image

合気道家の「用心」

仙台の鈴木@道場長です。 私は常に用心していることがいくつかあります。例えば・・・ 「

記事を読む

no image

他の神様へのサービスが滞ってはいけない

仙台の鈴木@道場長です。 「お客様は神様です」なんて言葉がありますが、あれ、ウソですから。確か

記事を読む

no image

6年生卒業

仙台の鈴木@道場長です。 うちの道場には、子供ばっかり24人もいるのですが、そのうち3人が6年

記事を読む

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

→もっと見る

PAGE TOP ↑