受身の達人www

公開日: : 合気道

仙台の鈴木@道場長です。

これまで色んな道場で稽古してきましたが「受身」が上手な人がいますね。

--- スポンサードリンク ---

受身が上手というのは、上手に身を守るということでもあり、上手に演舞を引き立てることでもあり、それはそれで素晴らしいことだと思います。

しかし、いつ頃からか、上手に受身をとっている人を見ると、違和感を覚えるようになってきました。「ん?技が効く前に飛んでない?」という感じで。しまいには技が効いていないのに勝手に飛んじゃってる。それと、先生の技をきれいに受けた後に見せる「ドヤ顔」。あれにも違和感を覚えます。「パパ、みてみて、僕受けきったよ~スゴイでしょ?」という感じで。

運動神経がいいんでしょうね。体も柔らかいし、受身もキレイですね。あなたの身体能力やダンサーとしての腕は認めるけれど、武道としてはどうなの?掴まれたらもう動けない、相手が受けを取ってくれないと投げられない。それは武道じゃなくてダンス。演武じゃなくて演舞なんですよ。

以前に受身が上手な外国人と天地投げの稽古をしたことがあったのね。私と兄弟子の3人回りで稽古していて、私も兄弟子も、掴まれたらバシッと技に入って、技に入った瞬間には投げ終えていて、痛かったり叩きつけられたりすると笑いが出る。だから笑いながら壮絶な投げ合いの稽古になる訳です。受身が上手な外国人も、技のダメージが大きすぎて全然受身を取れない。笑いながら稽古している私と兄弟子に挟まれて、笑ってないのは受身が上手な外国人だけ。

「ノーッ、天地投げはこんな痛い技ではアリマセン!」そう言いたげな表情の外国人。そんなあなたに「えっ?普段どんな稽古してんのすか?」と聞いてみたいですね。

受身は大事。だけどそれは重要な二の次。

本来やるべきことは技を磨くこと。それを忘れてるから、掴まれて動けなくて、弟子の前で恥をかく事になるんですよ。

武道として合気道をやって下さい。
武道として合気道をやって下さい。
武道として合気道をやって下さい。

指導者にその姿勢がなかったら、弟子は育たないし道場の繁栄もないんだってば。

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

その日の技をいつどのようにして決めるのか

仙台の合気道家鈴木@道場長です。 1時間の稽古で、その日の技をいつどのようにして指導者は決める

記事を読む

no image

2/14柴田先生講習会・柴田一門大宴会、2/11宮城野寒稽古・根本道場創立記念行事のお知らせ

表記の件ですが、今年も「柴田一門会」「宮城野寒稽古」及び「根本道場創立記念行事」を開催致します。

記事を読む

no image

自分の技が通用しない相手と組め

仙台の鈴木@道場長です。 ご存知のとおり、合気道には試合がありません。試合をすることで失われる

記事を読む

no image

大丈夫、大丈夫。 その4

やがて神主さんが登場し、太鼓が打ち鳴らされ、ご祈祷が始まる。 一人一人、住所と名前を読み上げら

記事を読む

no image

柴田研聿師範大和講習会2016

日時: 6月18日(土) 19:30~20:30 6月19日(日) 10:0

記事を読む

no image

気持ちのいい稽古をしたい

仙台の鈴木@道場長です。 気持ちのいい稽古をしたい。ただそれだけなんです。合気道の道場なんだか

記事を読む

no image

歩くスピードで

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には「胸取り」という掴みかたがあります。相半身(お互い右半身、

記事を読む

no image

別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 24人という大所帯

記事を読む

no image

「道場ジプシー」になるなら「道場長」となれ

仙台の鈴木@道場長です。 私の道場は、初心者であれ経験者であれ、入門希望者はいきなり入門させる

記事を読む

no image

学生も学生だが、師匠も師匠だな

仙台の鈴木@道場長です。 だいぶ前の話ですが、あるパーティに出席するため、師匠と二人で出かけた

記事を読む

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

no image
お・に・く・は・や・す・かっ・た・ね!

※この記事は1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたもので

no image
別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたもので

no image
汗をかく稽古、恥をかく稽古

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑