実際に技を受けてみないと分からない事

公開日: : 最終更新日:2014/09/14 合気道

仙台の鈴木@道場長です。

技というものは、実際に受けてみないと分からないものです。写真を見ても、動画を見ても、実際に技を受けてみないことには「体感」ができないんです。

師匠の武器技を受けてみてよく分かるのですが、打ち込みや突きが恐ろしく重いんです。合気道に伝わる「組太刀」では、相手の打ち込みを逸らしつつこちらの打ち込みを決めるのですが、師匠の打ち込みが恐ろしく重く、容易に逸らすことができないんです。師匠の剣を逸らすのが精一杯で、本来やるべきこちらの打ち込みができないんです。

一番驚いたのが、組杖で師匠の返し突きを払った時でした。こちらが突く、相手が返し突きに合わせて突いてくる、こちらはその返し突きを払う。分解すれば3つ手順ですが、それを1動作で行う訳です。手順の3番目で私が師匠の返し突きを払おうとしたら、恐ろしく重くて、杖を払えないんですね。師匠が押し返してくる、いわゆる「作用・反作用」という感じではありません。杖と身体と地面が一体化していて、払おうと思ったら師匠の体重を超える重さで払わないとならない、そんな感じでした。

こういう「体感」って、写真や動画、文章で伝わると思いますか?
無理無理。実際に技を受けてみるしかないんです。

Youtubeを見れば、合気道の組太刀や組杖の動画が沢山投稿されていますが、本当に分かっていて演武している人はどの位いるのでしょうか?可能ならば一人一人試してみたい所ですが、難しいかな~

↓読んだら体感↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ

にほんブログ村

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

「技術」ではなく「心」

仙台の鈴木@道場長です。 モノマネ歌手の青木隆治さん。みなさんもご存知の事と思います。美空ひば

記事を読む

no image

偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。 4/26(火)の半澤先生

記事を読む

no image

汗をかく稽古、恥をかく稽古

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。 稽古には、 汗

記事を読む

no image

「道場ジプシー」になるなら「道場長」となれ

仙台の鈴木@道場長です。 私の道場は、初心者であれ経験者であれ、入門希望者はいきなり入門させる

記事を読む

no image

大丈夫、大丈夫。 その1

事務所の神棚。 うちの事務所の構造的な問題があり、北側の壁には神棚が設置できない。北側は全面ガ

記事を読む

no image

突き抜けた

仙台の鈴木@道場長です。 私は毎週のように仙台市武道館に通って稽古しています。毎週水曜日は仙台

記事を読む

no image

その青帯は、他の青帯よりも重いんじゃない?

仙台の鈴木@道場長です。 同じ帯の色、同じ級、同じ段位でも、その重さは人によって全然違います。

記事を読む

no image

その日の技をいつどのようにして決めるのか

仙台の合気道家鈴木@道場長です。 1時間の稽古で、その日の技をいつどのようにして指導者は決める

記事を読む

no image

意識高い系のクソ生意気な弟子が育ってしまう理由

※この記事は1年前にFaceBookに投稿したものをリライトしたものです。 なるほど。

記事を読む

no image

竹林はるか遠く

ヨーコ・カワシマ・ワトキンズさんの「竹林はるか遠く」この本が出ると、都合の悪い人達がいるらしい。とい

記事を読む

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

→もっと見る

PAGE TOP ↑