自分の技が通用しない相手と組め

公開日: : 合気道

仙台の鈴木@道場長です。

ご存知のとおり、合気道には試合がありません。試合をすることで失われる事が多いというのがその理由ですが、試合がないことで「実力を勘違いする」という人が出てくるという弊害もあります。もう引退すべきなのに「先生先生」と持ち上げられて悦に入る要介護の先生。門下生が受身を取ってくれる前提の技しか持たない先生。自分の技が通用する相手としか稽古しない人。そういうカンチ君が合気道には多いように思います。

自分の技が誰にでも通用するかどうかは、外に出て試してみなきゃ絶対分からないでしょ?どうして外に出ないの?どうして色んな相手と稽古しないの?自分の技が通用しなくて恥をかくのがそんなに怖い?

私は強化大会や講習会の時は、喜々として他道場の方々と稽古します。同じ岩間の人と稽古するよりも、違う系列の人達と稽古する方が断然面白い。自分の技が通じればそのままでいいし、通じなければ工夫して通じるように修正する。それがなかったら「井の中の道場長」になっちゃうでしょ。自分の技が「これでいい」なんて思ったことは一度もないから、私が他道場の方々と稽古するのは当たり前なんです。

道場長自身がどんどん外に出る。門下生もどんどん外に出す。
門下生が強くなれば、それがそのまま道場長の評価となるからね。

自分の技が通じるかどうか、試してみたい人は是非お越し下さい。
私は嬉々として受け入れます(笑)

↓読んだら外に出よ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

素振りの次の段階

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には杖31の素振りという型が残されています。大先生が演武される

記事を読む

no image

演「舞」の練習

仙台の鈴木@道場長です。 私は岩間の斎藤仁平先生に「演武の練習をするバカがあるか!」と一喝され

記事を読む

no image

誰も君の事を笑わない

工学部合気道部の稽古に参加。 彼らの昇級昇段の責任は私にある。昇級昇段に相応しい技を身につけて

記事を読む

no image

汗をかく稽古、恥をかく稽古

※この記事は1年前にFacebookに投稿したものを、リライトしたものです。 稽古には、 汗

記事を読む

no image

出稽古の効能

仙台の鈴木@道場長です。 出稽古はいい。どんどん出稽古しましょう。普段稽古している道場から一歩

記事を読む

no image

なんとすばらしい一日

桜咲く頃のお話。東北大医学部の学生さん(親戚)がタイヤ交換で来社。タイヤ交換を待つ間、高3の息子を呼

記事を読む

no image

ゴツッ!と当て身

仙台の鈴木@道場長です。 稽古相手が非力な女性の場合に限りますが、私はあえて当身を入れさせる事

記事を読む

no image

心の声

仙台の鈴木@道場長です。 宗教団体を見ていていつも不思議に思うんだけど「お布施」という形でお金

記事を読む

no image

別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 24人という大所帯

記事を読む

no image

苦手な人ほど飛び込む

仙台の鈴木@道場長です。 日立に勤めていた頃、尊敬する上長から「鈴木はクソ度胸だけはあるからな

記事を読む

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

→もっと見る

PAGE TOP ↑