歩くスピードで

公開日: : 合気道

仙台の鈴木@道場長です。

合気道には「胸取り」という掴みかたがあります。相半身(お互い右半身、もしくはお互い左半身で立つこと)で立ち、後ろ足を一歩前に出して手を伸ばし、胸ぐらを掴む。左半身から始まるなら、右足を一歩踏み出して、右半身になりながら右手で掴む、そんな感じです。胸ぐらを掴まれるという事は、自由を奪われた上で次に何らかの攻撃を受けるという事で、かなり危険な状態と言えるでしょう。

一歩踏み込む時のスピードは「歩く速さで」と伝えられています。この「歩く速さ」というのが結構深い。歩くというのは意外と早いんです。ボクシングのジャブのような速さではなく、いつの間にか届く速さとでも言いましょうか。来るのが予想しにくい、わかりにくい、さばきにくい、そんな感じですね。

さて、この胸ぐらを掴む瞬間に拳を軽く握ったらどうなるでしょうか。一歩踏み込みながら、最短距離で胸を取りに行く要領で拳を当てる。前のめりにバランスを崩して、壁に手をつくかのように相手に拳を当てたらどうなるでしょうか。私の体重80キロに相当する重さを持つ拳が胸に当たったら、堪える事ができるでしょうか?

歩くスピードで、胸取りの要領で軽く打つ。合気道の当身というのは、普段稽古している技の中に、このような形で伝わっているのではないかと最近思っています。

この突きを体験してみたい人は、当道場へお越し下さい。面白い体験ができると思います。

↓読んだら胸取り↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

見たら盗む

仙台の鈴木@道場長です。 私は見たら盗みます。こう書くと「ど、泥棒?」と思うかもしれませんが、

記事を読む

no image

大丈夫、大丈夫。 その2

・・・つづき。 新しい神棚を設置するにあたり、方角にはちょっと悩んだ。 神棚は通常、北側

記事を読む

no image

別れの季節

※この記事は2年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。 24人という大所帯

記事を読む

no image

岩間の故・斉藤守弘先生に守られた

実は私も、岩間の斉藤守弘先生の内弟子の一人。といっても、ショートステイばかりで、トータルで2ヶ月はい

記事を読む

no image

相手を信用する事から始まるのか、それとも疑う事から始まるのか

カーコーナーで有名なA社。私は時々、簡易塗装で使う缶スプレーをA社に買いに行くのだけれども、特殊な色

記事を読む

no image

もうちょっと考えてよ

仙台の鈴木@道場長です。 合気道の様々なイベントによく参加するんですが、いつも不満に思うことが

記事を読む

no image

偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。 4/26(火)の半澤先生

記事を読む

no image

自分の技が通用しない相手と組め

仙台の鈴木@道場長です。 ご存知のとおり、合気道には試合がありません。試合をすることで失われる

記事を読む

no image

習うか盗むか

仕事中に自称一番弟子からTELがあり「夜に31の組杖を教えて下さい」と。月曜日の稽古で私の兄弟子から

記事を読む

no image

合気道に対する私の本心(ようやく言語化できた)

※この記事は、1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 あっ!そうか!

記事を読む

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

→もっと見る

PAGE TOP ↑