日本は「柔道」を取り戻せるか その3

公開日: : 最終更新日:2014/08/12 掃除道・一日一捨

仙台の鈴木@道場長です。

・・・つづき。

地元中学の武道館は毎年5月は少林寺拳法が、12月は合気道が大掃除をしていました。5月12日は少林寺拳法の開祖宗道臣先生の御命日で、少林寺拳法の団体はその日を「開祖デー」として全国各地で、毎年様々な奉仕活動を行っているようです。教えの中に「奉仕」や「掃除」が組み込まれているというのは、本当に素晴らしいことだと思います。残念ながら指導者の先生が引退され、少林寺拳法が地元中学の武道館を使うこともなくなり、5月の大掃除もなくなってしまいましたが。

当道場も発足以来、武道館の大掃除をさせてもらってます。ありきたりな大掃除ではなく、はしごを持ち込んで天井からほこりを落とし、窓を拭き、掃除機をかけ、床を磨くというかなり本格的なものです。ですが小学生とその保護者がほとんどですから、畳を上げて掃除するなんてできるはずもなく、毎年悔いが残る大掃除だったのです。

よく見れば畳の間にはホコリが詰まっています。その上で子供たちに稽古させるのはちょっと忍びない。若くて力のある柔道部の生徒達に働いてもらって畳を上げる、ホコリを落とす。そうすれば毎年できなかった掃除ができるのではないか。自分たちが使う道場を自分たちできれいにした結果、道場を大切に使ってくれるようになり、中学生の素行も改まるのではないか。こう考えたのです。

私は教頭先生と話し合い、大掃除の日程を8月3日と決めました。10時に集まり、2時間で畳を上げて埃を落とし、窓を拭く。掃除が終わったら参加者全員にお弁当を食べてもらう。お弁当は合気道が用意し、飲み物は柔道教室が用意する。そういうダンドリにして、8月3日を迎えました。

・・・つづく。

↓読んだら天地投げ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

トイレを磨くことで磨かれるのは・・・

仙台の鈴木@道場長です。 最近トイレ掃除にハマってます。といっても毎日ではなく、連続で掃除した

記事を読む

no image

日本は「柔道」を取り戻せるか その5

仙台の鈴木@道場長です。 ・・・つづき。 思い返せば、私が中学生に何かを語りかけるのは、

記事を読む

no image

丁寧に生きる

仙台の鈴木@道場長です。 丁寧に生きる。大事ですね。最近になって丁寧に生きることの大切さが分か

記事を読む

no image

日本は「柔道」を取り戻せるか その2

仙台の鈴木@道場長です。 ・・・つづき。 さて私の道場ですが、地元中学の武道館をお借りし

記事を読む

no image

日本は「柔道」を取り戻せるか その4

仙台の鈴木@道場長です。 ・・・つづき。 当日は快晴。朝からうだるような暑さです。30分

記事を読む

no image

日本は「柔道」を取り戻せるか その1

仙台の鈴木@道場長です。 私はこれまで「柔道」という武道に対して繰り返し批判をしてきました。も

記事を読む

no image
プロの仕事 その2

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
プロの仕事 その1

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

→もっと見る

PAGE TOP ↑