合気道と「試合」

公開日: : 最終更新日:2014/06/08 合気道

仙台の鈴木@道場長です。

合気道には試合はありません。試合にはどうしても「ルール」という限定されたシチュエーションが必要になりますが、実際は1対多数で、急所の攻撃や武器による攻撃もあるし、体重差もある。試合は勝つことを目的とするけれども、武道は身を守ることが第一優先。だからルールのある試合にあまり意味はないんですね。

ですが、どうしても戦わなければならない時があると思います。子供や大切な人を連れている時に絡まれた、袋小路に追い詰められたなど、逃げられない状況が一生に一度はあると思います。そんな時私だったらどうするでしょうか。恐らく以下のようになると思います。

・絶対に下がりません。下がるときは巻き込みながら下がります。
・絶対に止まりません。常に相手の背後や死角に移動し続けます。
・絶対に相手の攻撃を待たず、前に出て積極的に攻めつづけます。
・壁や電柱、物干し竿など、活用できるものは何でも活用します。
・くっつかんばかりに接近して、頭突きや肘を使って攻撃します。
・逆に相手の頭突きには十分に警戒し、相手の肘は常に抑えます。
・勝つ事は考えません。自分の身を守る事、これだけを考えます。

そもそも試合で勝った負けたというのは、その時の強さでしかないんです。その時その場でその相手よりも強いことが証明できても、その次はどうなるか、別のシチュエーションだったらどうなるか、全くわかりませんよね。

とはいえ、道場破りのような人が来ることも考えられますね。そんな時、私だったら「稽古でしたらいいですよ」と答えて普通に合気道の稽古をするでしょう。それで相手の強さを感じれば「お強いですね」と言うし、相手が私の強さを感じてくれたらそれでいい。立ち方、半身、腰を見ても強さを感じるし、腕を掴んでも掴まれても強さを感じる。何が何でも立ち会わないと気が済まないというのは、武道を表面的にしか学んでいない証拠なんですね。

では~

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

テスト投稿

アフィリエイトのテスト投稿です。 つーんとしにくい鼻洗浄器。鼻洗浄器 はなまる

記事を読む

no image

偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。 4/26(火)の半澤先生

記事を読む

no image

歩くスピードで

仙台の鈴木@道場長です。 合気道には「胸取り」という掴みかたがあります。相半身(お互い右半身、

記事を読む

no image

受身の達人www

仙台の鈴木@道場長です。 これまで色んな道場で稽古してきましたが「受身」が上手な人がいますね。

記事を読む

no image

声を出せ、汗をかけ

仙台の鈴木@道場長です。 母校の合気道部は新入生二人を迎え、師匠の道場での稽古を開始しました。

記事を読む

no image

心の声

仙台の鈴木@道場長です。 宗教団体を見ていていつも不思議に思うんだけど「お布施」という形でお金

記事を読む

no image

ごしゃぐ

仙台の鈴木@道場長です。 昨日は仙台市内で合気道関係者の集まりがあったのですが、久々にごしゃぎ

記事を読む

no image

ゴツッ!と当て身

仙台の鈴木@道場長です。 稽古相手が非力な女性の場合に限りますが、私はあえて当身を入れさせる事

記事を読む

no image

合気道に対する私の本心(ようやく言語化できた)

※この記事は、1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。 あっ!そうか!

記事を読む

no image

その青帯は、他の青帯よりも重いんじゃない?

仙台の鈴木@道場長です。 同じ帯の色、同じ級、同じ段位でも、その重さは人によって全然違います。

記事を読む

no image
お説教は黙って従うか、反発して出ていくかの二択を迫る行為

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
洗脳を解くには その2

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
洗脳を解くには その1

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
缶ビールを引き寄せた

※これは1年前にFacebookに投稿したものをリライトしたものです。

no image
イチローは「前世」でも野球選手だった?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑