「研究者」というよりは「発明家」

公開日: : 最終更新日:2014/04/12 モノ・お金

仙台の鈴木@道場長です。

小保方さんの記者会見を見て思ったこと。まず「嘘は言ってない」。悪意があって、捏造であれば、記者会見には出てこれないと思います。記者会見に出てきたのだから、その時点で悪意はなかったと見るべきでしょう。STAP細胞の存在が事実なのか、彼女がそう信じているだけなのかは、これからの検証次第ですね。(STAP細胞が存在しない事を証明するのは無理でしょう。悪魔の証明って奴です)。

おそらく彼女は「まず成果を出さねばならない」と考えたのだと思います。「こうすれば確実にできる」という方法をとにかく見つける。そのためにとにかく数をこなした。詳細な実験記録を取っておく時間を、数をこなす事に費やした。つまり「研究」というよりは「発明」に近かったのではないかと。小保方さんはむしろ「発明家」。「フロンティア」や「パイオニア」とも言える。「発明家」の手法が「研究者」としてはダメだったというだけで、正しい手法で追試をすればよいだけの事だと思います。小保方さんは今回の騒動で、メディアスクラムと、理研による尻尾切りの犠牲になっただけで、問題も解決方法もさほど複雑ではないと思います。

では~

--- スポンサードリンク ---

関連記事

no image

冷凍庫を譲ります

仙台の鈴木@道場長です。 ボディビルでは、筋肉を披露するビルダーに対して「冷蔵庫!」と声をかけ

記事を読む

no image

クロッカス

仙台の鈴木@道場長です。 クロッカスという花は、すごいですね。毎年3月中旬になると、細いネギの

記事を読む

no image

鍋は舌で洗え

仙台の鈴木@道場長です。 「鍋は舌で洗え」 これは料理人を目指して修行している人の言い伝

記事を読む

no image

提供メガネ

仙台の鈴木@道場長です。 「提供目潰し」というのをご存知ですか?テレビ番組の最後に、スポンサー

記事を読む

no image
大切なのはやはり「自己重要感」

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
コンセント、差さってますか?

※これは1年前にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
柴田研聿師範大和講習会2017

日 時 5月27日(土) 19:30~20:30

no image
偉大な師範のお墓参り

※これは1年前Facebookに投稿した記事をリライトしたものです。

no image
青春だ!

○「みらい」を手に入れる「100」のまほう 4/29(祝)に行う中学

→もっと見る

PAGE TOP ↑